三億円事件犯人に至る道

三億円事件について考察いたします。

狛江郷について(9)

2017-02-09 03:33:06 | 日記
狛江郷についての、位置関係を、もう少し。
東側は、勢多郷。今の世田谷。地名から、わかりやすい。
西側は、小島郷。今の調布駅付近の町名として残っている。小島郷の中心は、多摩川沿いから、ちょっと、内陸寄りになっている。幹線道の要衝だったのだろうか。
問題は、新田郷。爾布多郷が、新田郷になり、つまり、今の布田あたりかと、思われたが、実際は、違うらしい。
新田郷は、多摩川の南岸。今の稲城市あたり。
たしかに、多摩川の南側、稲城市にある、穴澤天神社。その所在地は、爾布田郷となっているのだ。
とすると、多摩川の北岸にあったとされる、布多天神社、新田郷の多摩川を挟んで、北側、飛地のような場所にあった、ということだろうか。
もし、そうなら、布多天神社が、北に移転したことにより、地名、布田も、北に移転した、ということになる。
(2013年9月記)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 狛江郷について(8) | トップ | 狛江郷について(10) »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事