三億円事件犯人に至る道

三億円事件について考察いたします。

荻本バラックと多摩川住宅(5)

2017-04-19 03:31:55 | 日記
多摩川での砂利採取は、いつから、始まったのだろうか。
おそらく、明治時代の終わりから、大正時代、昭和の初めにかけて。
都心、郊外が、誕生した頃だ。
都心に、コンクリートの建築物が、増えたことによる。
多摩川の砂利は、コンクリートを、作るのに、欠かせなかったのだ。
さらに、多摩川の砂利を輸送するために、南武線、京王相模原線、西武多摩川線、下川原線(現武蔵野線)が、開通している。
多摩川の砂利採取は、都心が、拡大するにつれ、増加していくこととなる。
(2013年9月記)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 荻本バラックと多摩川住宅(4) | トップ | 荻本バラックと多摩川住宅(6) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む