三億円事件犯人に至る道

三億円事件について考察いたします。

軍都多摩 その後(3)

2017-04-24 03:35:49 | 日記
さらに、1947年5月2日、新憲法制定の前日、朝鮮半島に本籍地のある者に対して、「外国人」とみなす、という外国人登録令を出している。
国籍は、日本だが、これにより、朝鮮半島に本籍地のある者は、すべて、「外国人」になったのだ。
翌日、1947年5月3日、新しく、「日本国憲法」が、施行される。
その中で、日本国民を、定義しているが、それは、法律による、としている。
その法律、新国籍法が、1950年5月4日、制定されている。
では、その中で、日本国籍を持ちながら、外国人登録令により、「外国人」となっている者は、どのように、規定されているのだろうか。
実は、まったく、触れられていないのだ。
つまり、それ以前の、日本国憲法、「大日本帝国憲法」による、「日本国民」という、定義は、このとき、消滅している。
(2013年9月記)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 軍都多摩 その後(2) | トップ | 軍都多摩 その後(4) »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事