三億円事件犯人に至る道

三億円事件について考察いたします。

富士見町六丁目 昭和用水

2017-07-12 03:20:28 | 日記
富士見団地の南側、昭和用水という用水路が、東へと、流れている。
昭和用水という名前から、いかにも、昭和の時代、開削されたのかと思ってしまうが、実は、明治時代初め頃の地図にも載っている。とすると、開削されたのは、江戸時代という可能性が高い。
おそらく、一帯が、開拓されたころ、整備された、用水の一つなのだろう。
その頃は、九ヶ村用水、あるいは、立川用水、という名前だったようだ。
この用水は、多摩川の上流、堰によって、分水されている。
昭和の初め頃、昭和用水堰が、新しく、整備され、用水は、そちらから、分水されるようになり、現在に至る。
おそらく、昭和用水堰からの用水であるために、名前が、昭和用水と、なったように思われる。
(2013年10月記)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士見町六丁目 富士見町団... | トップ | 富士見町六丁目 富士見町団... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む