三億円事件犯人に至る道

三億円事件について考察いたします。

晴見町団地、ひばりが丘団地、多磨農協脅迫事件、関係図

2016-10-15 09:53:54 | 日記
こうして見ると、一連の西武多摩川線多磨駅周辺の事件、多磨農協脅迫事件の舞台とひばりが丘団地とを結ぶ、途上だったことが分かる。
挙げられている地名、朝日町、紅葉丘、日華多磨葬祭場、そして、府中運転免許試験場は、それらを結ぶルートにあるわけだ。
たとえば、三億円事件当時、多磨霊園の北側、わずかな区間、東八道路が、開通していたのだが、もし、開通していなかったらどうだろう。
そもそも、交通事情がよくなければ、府中運転免許試験場は、別の場所に開設されていた可能性が強いだろうけど。
それはそれとして、朝日町、紅葉丘、日華多磨葬祭場、脅迫状に登場するとは、とうてい、思えない。
とすると、三億円事件犯人、このルート、それなりの頻度で、往来していたことになる。
でも、どのような用事があって、往来していたのだろうか。
(2013年7月記)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第二回 多磨駐在所脅迫事件... | トップ | 三億円事件犯人によるスカイ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む