三億円事件犯人に至る道

三億円事件について考察いたします。

軍都多摩 誰が作ったのか?(3)

2017-03-08 03:32:15 | 日記
もちろん、たとえば、軍需工場だった施設が、そのまま、工場になったり、そういった場合もある。
ただ、そのような、施設に対する、需要が、もともと、あった場合、ということだろう。
軍需、という需要を、そのまま、通常の需要に、たんに、置き換えることは、やはり、難しい。
たとえば、多摩地方、当時は、郊外ではあったも、まだ、農村地帯だったのだ。
そのような場所、一時的に、軍需により、広大な、施設が、数々、出現したとしても、軍需が消滅すれば、もとに、戻るしかない。
住宅の需要が生まれる、高度成長期を、待たなければならない、ということだ。
(2013年9月記)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 軍都多摩 誰が作ったのか?... | トップ | 軍都多摩 誰が作ったのか?... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事