三億円事件犯人に至る道

三億円事件について考察いたします。

荻本バラックと多摩川住宅(6)

2017-04-19 03:33:02 | 日記
多摩川の砂利採取が、急増していくのは、戦後、高度成長が始まった頃。
都市が、急拡大し、コンクリートの需要も、増えたのだろう。
多摩川での砂利採取も、上流へと遡り、全域で、採取されることとなる。
その結果、砂利の採り過ぎにより、川床が、低下することとなる。
ということで、多摩川での砂利採取は、1952年から、徐々に、規制され、採取禁止の方向へと、向かっていく。
(2013年9月記)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 荻本バラックと多摩川住宅(5) | トップ | 荻本バラックと多摩川住宅(7) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む