retifの都市探検日記(高層ビル編)

東京の街並みなどを報告します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小田急線狛江駅(西和泉二丁目 都営多摩川住宅 南北の道)

2016-09-18 08:17:56 | Weblog
染地、というのは、さきほど、立ち寄った、玉川万葉歌碑、麻布を多摩川に「さらす」情景を、詠んだ、短歌に、通じるように思える。
「調布」、あるいは、麻布を柔らかくするために叩く道具、「砧」も、そうなのだろうけど。
話は、変わるが、そういえば、ここまで、歩いてきた、福祉会館通り、根川の多摩川合流地点から、東へ伸びる、六郷用水の、跡なのだ。
そのような、用水が、開削されたのは、江戸時代になっていから。
とすると、それ以前は、なにも、なかったはず。
だから、麻から、麻布を、製造していたのだろうか。
染地通りの、北側は、都営多摩川住宅。
都営多摩川住宅の中、北へ、向かう。
(2013年9月記)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小田急線狛江駅(西和泉二丁... | トップ | 小田急線狛江駅(西和泉二丁... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL