retifの都市探検日記(高層ビル編)

東京の街並みなどを報告します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

武蔵野線武蔵浦和駅(プラウドタワー武蔵浦和テラス)

2008-12-21 03:44:31 | Weblog
武蔵野線の乗る。ひさしぶりだ。
相変わらず、武蔵野線の駅間は長くて、広い関東平野を疾走していく感じがいいな。
それに、今日は、もう、すっかり夏の天気。
天気予報では、まだ、梅雨、ということだったのだが、今日の空を見ると、そんな雰囲気はしない。
例年なら、7月に入ったばかり、というのは、そろそろ梅雨の後半が始まる、という時期なのに。今年は、夏の到来がとても早いのだ。
武蔵浦和駅で降りる。
外に出ると、眩しくて強い日差し。そして、心地のよい爽快な暑さ。
駅の西側に出たのだが、ペデストリアンデッキの上は、日差しを遮るものはないので、熱せられていて、本当に暑くて堪らない感じがする。
手を頭上にかざし、暑さをしのぎながら、ペデストリアンデッキを歩いて、駅の西側にあるラムザタワーまで行き、地上に降りる。
東西に伸びる通りに出て、西に歩いていくと、通りの南側、ラムザタワーの西側にプラウドタワー武蔵浦和テラスがある。
最近、完成したばかりの、高層ビルだ(工事中はこちら)。
この高層ビルは、ツインビルになっていて、もう一棟は、南側にある。ただ、そちらの高層ビルは、まだ、完成していない。
ということで、武蔵浦和駅周辺には、また、高層住宅が加わろうとしているのだが。
しかし、このツインの高層住宅の竣工で、駅周辺の再開発は、一区切りつく、ということになるだろう。
再開発の計画は、いくつか、あるらしいのだが、具体化している計画は、今のところ、一つもないからだ。
ちょっと寂しくなる。
バブルの頃は、さいたま新都心に対する副都心、という位置付けだったらしく、意気盛んだったのだが、今はもう、忘れさられた存在、というわけか。
これからどうなるのだろうか。
例えば、もはや、再開発する気がないなら、その用地は、森林公園にでもした方がいいんじゃないかな。
駅から北側にある別所沼公園に、春、桜並木がとても美しい緑道が伸びているのだが、その反対側の駅周辺も森林公園だったら、居心地がいい感じがする。
今日のような、夏の暑い日でも、木陰があれば、涼しいし。
もし、そんなことでもしなければ、たぶん、再開発用地は、低層のマンションで、埋め尽くされてしまうような気がする。
(2008年7月記)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山手線大崎駅(大崎ニューシ... | トップ | 埼京線大宮駅西口(大宮ファ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL