復活日本 ~その日まで~

日本復活のその日まで、玉石混交の色んな情報を拡散します。

テロリスト、仲間が見れば一般人

2017年06月18日 | 日記
徹人‏ @olstetto

@daitojimari また大垣警察市民監視事件で警察が企業に個人情報を渡したことなどの実例を挙げて、共謀罪成立したらこういった警察が恣意的に個人情報を流出させる事件が頻繁に起こるようになるとも言っていました。海外に比べて日本は慎重な運用ができるほど判例が蓄積されていないとも


渡邉哲也‏認証済みアカウント @daitojimari

渡邉哲也さんが徹人をリツイートしました

過激派や共産党は破壊活動防止法に基づく監視団体ですから、共産党関係者や過激派関係者が監視されるのは当然の話 法令上一般人ではない。テロ等準備罪以前の問題


徹人‏ @olstetto
返信先: @daitojimariさん

「大垣警察市民監視事件」でググっても共謀罪反対視点のHPしか出てこなかったので本当に一般人かどうか確認できなかったですが 「船田伸子 プロ市民」で検索すると確かに沖縄基地反対運動とかにも参加している過激派の方ですね。これでは監視されても仕方ないですね。


徹人‏ @olstetto
返信先: @daitojimariさん

テロリスト、仲間が見れば一般人 ということを念頭に置かないといけないわけですね。「この人本当に一般人なの?」と反問したかったですが、周りの9割が「被害者は自分たちの仲間だ」と認識している人たちだったので聞く勇気が持てなかったです。


Cham Fow‏ @ChamFow
返信先: @daitojimariさん

監視団体に所属や支援をしているのに、本人は、自分が一般人だと考えているのですよね。そして、何が悪いと開き直っている。だから根本的な所で話が噛み合わない訳ですね。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共産党が破防法に基づく調査... | トップ | うちの親父も大正13年生ま... »

あわせて読む