復活日本 ~その日まで~

日本復活のその日まで、玉石混交の色んな情報を拡散します。

省庁のテロ対策が始まったようだな

2017年02月22日 | 日記
そもそも「一般市民」や「報道機関」がズカズカと執務室に入るだろうか???
そんな傍若無人な振る舞いは「反日勢力」や「朝鮮人」くらいだろう。


経産省が昼間も全執務室を施錠へ 日米首脳会談前の「情報漏れ」の対応か

 経済産業省は27日から、原則として庁舎内の全執務室の扉を勤務時間中でも施錠する。機密性の高い部屋を除いて施錠しない省庁が多い中で異例の対応。世耕弘成経済産業相は21日の記者会見で「一般的なセキュリティー管理のレベルに合わせたもの」と指摘。ただ、先の日米首脳会談をめぐり省内の情報漏洩(ろうえい)が指摘された直後とあって、臆測を呼んでいる。

 財務省や外務省を含む中央官庁では入館時に受付でチェックを受けるものの、ほとんどの執務室は施錠されていない。経産省が今回、原則施錠に踏み切ることで、報道機関の取材や一般市民の来訪への対応に影響が出かねない

 世耕氏は会見で、経産省が企業情報や通商交渉に関する機密事項を扱う役所だと強調。「経産相になってから省内の情報管理は徹底したほうがいいと問題意識を持った」と説明した。

 会見では、記者側が「報道の制限につながる」と反発したが、世耕氏は「取材対応にマイナスの影響がないようにしたい」と述べるにとどめた。

 経産省をめぐっては、米国のインフラ事業に日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が投資するとのリークがあったと週刊文春が報じた。世耕氏は日米首脳会談への同行を見送ったが、政府内では「情報漏洩の懲罰」との指摘もある。

 経産省の担当者は「庁舎管理の強化は報道の件とは関係ない」としている。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外患誘致罪はもはや免れないよ | トップ | ホームページ制作事業者には... »

あわせて読む