復活日本 ~その日まで~

日本復活のその日まで、玉石混交の色んな情報を拡散します。

【共謀罪】与党15日採決 テロ等準備罪、週内成立へ

2017年06月14日 | 日記
【共謀罪】与党15日採決 テロ等準備罪、週内成立へ

1: 餡子先生 ★ 2017/06/14(水) 05:17:38.20 ID:CAP_USER9

「共謀罪」の成立要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案は週内に成立する見通しとなった。野党が13日、金田勝年法相に対する問責決議案を参院に提出し、参院法務委員会の審議が止まったことから、自民、公明両党は「審議は打ち切られた」と判断した。与党は14日の参院本会議で問責決議案を否決、改正案を15日に参院法務委員会で採決し、16日までに参院本会議で可決、成立させる方針だ。

「共謀罪」の成立要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案は週内に成立する見通しとなった。野党が13日、金田勝年法相に対する問責決議案を参院に提出し、参院法務委員会の審議が止まったことから、自民、公明両党は「審議は打ち切られた」と判断した。与党は14日の参院本会議で問責決議案を否決、改正案を15日に参院法務委員会で採決し、16日までに参院本会議で可決、成立させる方針だ。

参院法務委は13日、改正案をめぐる参考人質疑と一般質疑を行った。自民党は断続的に行われた民進党との参院国対委員長会談などで採決に踏み切る姿勢を見せた。民進、共産両党などは採決を阻止するため、一般質疑の途中で問責決議案を提出。委員会は散会した。参院民進の榛葉賀津也国対委員長は記者会見で、提出理由について「(金田氏は)答弁が二転三転している。閣僚としての職責を果たしていない」と説明した。

これに対し、自民幹部は「問責提出は、もう審議は必要ないという意味だ」と指摘した。野党は改正案の採決を阻止するため15日にも内閣不信任決議案を衆院に提出する構えだが、与党は衆院本会議で否決し、16日までに改正案を参院本会議で成立させる方針だ。自民党の衆参両院の幹部は13日夜に会談し、性犯罪を厳罰化する刑法改正案についても18日までの会期内成立を図る方針を確認した。

一方、民進党は学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画を巡り、特区を担当する山本幸三地方創生担当相に対する問責決議案を参院に提出した。14日の参院本会議で否決される見通しだ。【高橋恵子、光田宗義】

http://mainichi.jp/articles/20170614/k00/00m/010/173000c
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テロ等準備罪成立前夜・・・w | トップ | 乞食テロリスト逮捕ーw »

あわせて読む