復活日本 ~その日まで~

日本復活のその日まで、玉石混交の色んな情報を拡散します。

これが外務省の本音だな

2017年03月08日 | 日記
このオッサン、朝鮮戦争休戦以後からずっと、韓国軍が竹島を軍事占領している状況が続いていることをどう説明するんだろうか?お伺いしたいものだな。
この記事内のオッサンの発言は現状認識がお花畑であることに起因して、徹頭徹尾、論理破綻している。


駐韓大使の一時帰国から2カ月 「ソウルでやるべきこと多々ある」武藤正敏・元駐韓大使

 韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことへの対抗措置として、日本政府が長嶺安政駐韓大使を日本へ一時帰国させてから今月9日で2カ月となる。2012年8月に李明博大統領(当時)が竹島(島根県隠岐の島町)に上陸したことに抗議し、一時帰国したときの駐韓大使だった武藤正敏氏に最近の朝鮮半島をめぐる情勢について聞いた。(水沼啓子)

 武藤氏が一時帰国したときは12日後にソウルに帰任している。武藤氏は「日本の強い抗議の意思を伝える意味で一時帰国は良かった」とした上で、「安倍晋三首相のアジア歴訪からの帰国や、2月12日に北朝鮮が新型ミサイルを発射した直後のタイミングを逸したので帰任は難しくなった。慰安婦像の撤去は現状では難しいだろう」と指摘した。

 一方、近く朴槿恵大統領の弾劾の可否を審理している憲法裁判所の判断が出る見通しだ。罷免となれば、60日以内に大統領選挙が行われることになる。大統領選候補者の支持を問う調査によると、現在、親北・左派系の最大野党「共に民主党」の文在寅前代表が大きくリードしている。

 武藤氏は「本来、大使が直接、次期大統領候補の陣営とルートを作っておかなければいけないが、そうした活動もできずにいる」と懸念を示した。

 また6日に新たにミサイル4発を発射するなど北朝鮮の挑発が続く中、「日米韓が協力し対処しなければいけない状況だ。大使は本来ソウルで韓国と連携しながら陣頭指揮を執ることが望ましい」と述べた。

 金正男氏殺害事件で神経剤VXが使用されたことについて「化学兵器にもなるVXを使ったことは、北朝鮮が一線を越えたことを意味する。米国が化学兵器を使用する北朝鮮をこのまま放っておけるだろうか。相当強い対抗措置が出てくるとすれば、大使は現地でやるべきことが多々あろう」と話した。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経済破壊を健康面から進める... | トップ | 北朝鮮ミサイル発射はアベノ... »

あわせて読む