復活日本 ~その日まで~

日本復活のその日まで、玉石混交の色んな情報を拡散します。

象徴的な事件だな。神なき神社、悪神祀、悪神の手に堕ちた神職関係者。

2017年12月08日 | 日記
折れた日本刀など刃物4本…強い殺意か 女性宮司刺殺現場

2017.12.8 10:15

 東京都江東区の富岡八幡宮周辺で、宮司の富岡長子(ながこ)さん(58)と運転手の男性(33)が襲われ、富岡さんが刺殺された事件で、凶器とみられる日本刀1本が折れた状態で見つかっていたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。現場からはサバイバルナイフなどの刃物3本も見つかっており、警視庁捜査1課は、富岡さんを襲撃した弟で元宮司の茂永(しげなが)容疑者(56)と30代とみられる知人の女=ともに犯行後に死亡=が富岡さんに対して強い殺意を持ち、複数の刃物を準備していたとみて調べている。

 捜査関係者によると、富岡さんが倒れていた路上には、凶器とみられる日本刀が真ん中から折れた状態で残されていた。富岡さんは首の後ろに裂傷があったほか、右胸に深い刺し傷があり、強い力で刺されたとみられる。

 また、茂永容疑者と女が倒れていた周辺からは、女が持っていたとみられる短い日本刀のような刃物と、サバイバルナイフ2本が見つかった。

 事件は7日午後8時半ごろ発生。富岡さんは富岡八幡宮付近で車から降りたところを襲われたとみられる。運転手の男性も女に腕などを切りつけられ、大けがを負った。周辺の防犯カメラの画像などから、茂永容疑者は犯行後に女の胸などを刺し、その後自分の胸を複数回刺して自殺を図ったとみられる。



【日月神示 第十三巻 雨の巻 第一帖】
惟神の道とか神道とか日本の道とか今の臣民申しているが、それが一等の間違いざぞと申してあろが、惟神とは神人共に融け合った姿ざぞ。今の臣民、神無くして居るではないか、それで惟神も神道もないぞ
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 法政大学・山口二郎壊れる… ... | トップ | 【ビーチ前川】 隠しきれな... »

日記」カテゴリの最新記事