復活日本 ~その日まで~

日本復活のその日まで、玉石混交の色んな情報を拡散します。

豆腐おかかさんのブログコメントより

2017年03月30日 | 日記
あるけむ より:
2017年3月30日 3:44 AM

フジテレビやテレ朝が、籠池夫人のメール(辻元清美の疑惑)を報道し始めたのは、放送法第4条違反を恐れているからではないかと考えています。

放送法第4条は以下の内容です(あえて全文引用します)
>(国内放送等の放送番組の編集等)
>第四条  放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の
>編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
>一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
>二  政治的に公平であること。
>三  報道は事実をまげないですること。
>四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。
>2  放送事業者は、テレビジョン放送による国内放送等の放送番組の編集に当たつては、静止
>し、又は移動する事物の瞬間的影像を視覚障害者に対して説明するための音声その他の音響
>を聴くことができる放送番組及び音声その他の音響を聴覚障害者に対して説明するための文字
>又は図形を見ることができる放送番組をできる限り多く設けるようにしなければならない。

第四条の2は、今回の報道内容とは関係ないと考えます。問題は、前半ですね。
このまま報道しないと、二~四に抵触しそうです。
そういえば、先月、テレビ局の放送を止める「停波」の可能性について国会論戦があったような…

ソース)日テレNEWS24「高市総務相「停波」発言巡り 国会論戦続く」2016年2月16日
>そもそも、テレビ局は総務相の許認可を受けて放送を行っている。電波法は、テレビ局が
>放送法などに違反した場合、総務相は「停波」を命令できると規定している。その放送法では
>「政治的に公平であること」を定めていて、これまで、総務省は「放送事業者の番組全体を見て
>判断する」としていた。言論・放送の自由の制限につながりかねないため、政府も慎重に運用
>してきた。
(中略)
>政府は野党に迫られ、統一見解を公表した。その統一見解では、政府は解釈に「何ら変更は
>ない」としながらも、「『番組全体』は『一つ一つの番組の集合体』であり、一つ一つの番組を
>見て、全体を判断することは当然のこと」としている。
>さらに、番組の事例として、「国論を二分するような政治課題について、一方の政治的見解を
>取り上げず、殊更に他の政治的見解のみを取り上げてそれを支持する内容を相当の時間に
>わたり、繰り返す番組を放送した場合」とした。

もしかして、安倍政権は、この2月の論戦すら利用したのでしょうか?…
返信

豆腐おかか 豆腐おかか より:
2017年3月30日 8:55 AM

おおー、そうなのですね、放送法に触れるんですね。
日本国中が注目していますから、いままでのようにやたらなことはできませんね。
返信
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豆腐おかかさんのブログコメ... | トップ | 忘れ去られ、捻じ曲げられた... »

あわせて読む