復活日本 ~その日まで~

日本復活のその日まで、玉石混交の色んな情報を拡散します。

売国奴情報 奈良県の荒井正吾知事

2017年06月14日 | 日記
「上皇のための離宮を奈良に造ろう!」奈良県知事が検討指示 「奈良は韓国とゆかりの深い地」「奈良は渡来文化が中心。その末裔である在日の皆さんに東アジア友好の一翼を担っていただきたい」と過去に発言も

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [JP] 2017/06/14(水) 16:30:11.26 ID:vwiiaxIp0

奈良県の荒井正吾知事は14日の定例記者会見で、天皇陛下が退位後に滞在される離宮を奈良に造るアイデアを披露した。既に事務方に検討を指示したが、具体的な場所などは未定としている。荒井知事は離宮のイメージについて、心身を休めてもらい、文化や歴史など学問的な興味を提供できる場と説明。「生前退位されたら、奈良として何かお喜びいただけるような貢献ができたらという気持ち」と語った。

奈良県の荒井正吾知事

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017061400629&g=soc

荒井正吾 あらい しょうご は、日本の運輸官僚、政治家。奈良県知事。 海上保安庁長官、参議院議員、外務大臣政務官、参議院文教科学委員長等を歴任した。 ウィキペディア 生年月日: 1945年1月18日 (72歳) 生まれ: 大阪府 八尾市 学歴: 東京大学
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%E4%BA%E6%AD%A3%E5%BE

*補足
コリアンワールド 新春特別インタビュー 奈良県知事 荒井正吾さん ゆかりの地 奈良から東アジアの平和友好を発信
――平城遷都1300年祭の行政代表としてご準備の進展はいかがですか。    
奈良は韓国とゆかりの深い地です。これから皆さん(在日コリアン)の出番ですよ。奈良は渡来文化が中心です。その末裔である在日の皆さんが歴史の舞台に登場し、東アジア友好の一翼を担っていただきたい。そして、平城遷都祭を日本人がどのように考えるかで、日本の将来が決まると思います。

http://archive.is/JfRBr

関連:【皇室】「上皇」京都滞在 京都市長、国に要望へ 皇族の一部に京都に居住してもらう「双京構想」を踏まえ
http://hosyusokuhou.jp/archives/48794662.html
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 売国奴情報 青森県知事 三... | トップ | ウリは ザパニーズ ニダ~! ... »

あわせて読む