復活日本 ~その日まで~

日本復活のその日まで、玉石混交の色んな情報を拡散します。

朝日新聞政治部次長・高橋純子という人物・・・・キモ過ぎw

2017年03月19日 | 日記
CatNA‏ @CatNewsAgency

朝日新聞政治部次長・高橋純子『気味が悪い』『なぜ海上保安庁、警察、自衛隊に限って敬意を表するのか。日本はかつてそうやって、少しづつ道を踏み外していったのではないか。』→違いますね。メディアを信用し過ぎて、道を踏み外したのだよ。戦前も、戦後も。


CatNA‏ @CatNewsAgency

販売数激減に悩む朝日新聞が笑える自画自賛を始めた模様。『インターネットがなかった頃、SNSのような役割を果たしていたのが新聞の投書欄。朝日新聞の「声」ができて、まもなく100年』。で、紹介しているのが香山リカの投稿。ネット全盛の現代、朝日が偏見で選ぶ「声」なぞ見向きもされない。


CatNA‏ @CatNewsAgency

これも朝日新聞の自画自賛。シールズを生み出したのは、朝日新聞のお蔭だそうな。(笑)


CatNA‏ @CatNewsAgency

朝日新聞政治部次長・高橋純子は、以前にも『だまってトイレをつまらせろ』という頓珍漢なコラムを書いてましたね。これを読んで、朝日新聞に未来はない!、と確信した人も多かったことでしょう。


CatNA‏ @CatNewsAgency

朝日新聞の高橋純子は、自分のコラムを週刊新潮に批判されると、『こんにちは。「チリ紙一枚の価値もない」記事を書かせたら右に出るものなし、週刊新潮にそう太鼓判を押してもらった気がして、うれしはずかし島田も揺れる政治部次長です。』などと反撃?してますね。幼稚過ぎる。(笑)


CatNA‏ @CatNewsAgency

朝日新聞政治部次長・高橋純子の「チリ紙一枚の価値もない」コラム。安倍総理の笑顔が気に入らないらしく、延々と恨みの駄文を書き連ねてますね。で、結局は「ファシズム」のレッテル貼り。ダメだ、こりゃ。(笑)


CatNA‏ @CatNewsAgency

朝日新聞政治部次長・高橋純子の「チリ紙一枚の価値もない」コラム。「平和のために頑張っている=自分は間違っていない」という無敵の脳内方式に支えられ、誤報を何十年も認めず、被害者面して逆切れするのが朝日新聞ですね。『平和と人権は、反日左翼の最後の避難所』。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森友学園関係者の華麗なる詐... | トップ | 「人に対して『暴力ふるえ』... »

あわせて読む