外資系金融に勤める31才OLの食、美、投資の日記
satopのいろいろ日記



何日か前の日経新聞にこの日記でも少し書いた政府系投資会社の資産のランキングが載っていました。これについて私はずっと調べていたのでちょっとうれしい。ソブリン・ウエルス・ファンド(SWF)とよばれる政府系投資ファンドの運用資産は、2兆5000億ドルと推定されており、ヘッジファンドの運用資産を上回るそうです。モルガン・スタンレーはSWFの資産規模が2015年までに、米経済とほぼ同規模の12兆ドルに拡大する可能性がある、との見方を示しています。すごいね!

まず以下の資産ランキングを参照
1.アラブ首長国連邦(UAE)  
アブダビ投資庁(ADIA) 8750億ドル
2.シンガポール
政府投資公社 3300億ドル
テマセク  1000億ドル
3.ノルウエー 
政府年金基金 3000億ドル
4.中国
外貨投資機構(SIC) 3000億ドル
5.サウジアラビア
複数の公的ファンド 3000億ドル
6.ロシア
安定化ファンド 1000億ドル
7.クェート
クェート投資庁(KIA) 700億ドル
8オーストラリア
オーストラリア系将来ファンド 400億ドル.

さて、1番のアブダビ投資庁について調べてみました。まずアラブ首長国連邦(UAE)のことについて。アラブ首長国連邦は以下の7首長国からなります。各首長国の国名はそれぞれの首都となる都市の名前に由来しており、最大の国アブダビ首長国の首都アブダビが連邦全体の首都として機能しています。

アブダビ
ドバイ
シャールジャ
アジュマーン
ウンム・アル=カイワイン
フジャイラ
ラアス・アル=ハイマ

アブダビ首長国の人口は167万人でUAEを構成する首長国の中でも最大の面積、人口、収入を持つそうです。
アブダビ投資は、1976年にUAEの投資会社として始まったそうです。湾岸戦争が始まる前は7.クェート投資庁(KIA)はアラブ世界で最大の投資規模を誇っていたそうですが復興の費用がかかり、今はアブダビ投資庁がダントツ1位です。 アブダビ政府の石油からの売り上げや資産を世界に投資しており、(他のアラブファンドみたいにオイルブーム時だけではく、ちゃんと分散投資を考慮しているそうです。)その中でも他の基金と比較するとエマージングマーケットへの投資比率は高く、年々上昇しているそうです。また長期投資に焦点を当てているそうで(ちなみに短いは15年)ということですから長いですね。
http://www.ft.com/cms/s/81b31f9e-b9fe-11da-9d02-0000779e2340.html

ADIAは特に保険及び石油・ガス部門などの中国企業
インドのインフラ資産に焦点を当てる金融企業
ロシアについては、石油・銀行・小売部門 に着目してるそうです。
なかなか参考になりそうな感じですよね~



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 新しい会社が... ドバイ、カタ... »