徒然草(走り書きブログ)

スピリチュアル(霊的知識)等や思ったことを書く(※走り書きがメイン)

『表裏』と『裏表』の違い

2016-10-11 15:38:35 | 日記
「太陽(光)には影があり、影もまた太陽の一部である」

裏表(表裏)も、分離すれば「裏」と「表」だが、表裏で一つとすると同じものになる

ただ、裏と表は互いに「裏」と「表」で意味が異なるため
この二つが、互いに表裏一体のものと分からない限り敵対が起こるだろう。
(長い間続いてきた今までの時代)

その二つを結ぶ「中心のもの」(ワンネス・宇宙の意思そのもの)がいよいよ表に現れ、
宇宙的に(霊界的にも現界的に)そのように変わらざるを得ない。
「もう同じ時代は繰り返さない」
宇宙的に見ると、今現在の宇宙霊界は恐ろしい事態になっているようです。
それが現界に写し絵になるため、最近の世の中は妙です。

現実に当てはめて考えると、「裏」は何を意味して「表」とは何か色々と出てくると思いますが
その際に、「裏表」ではなく「表裏」が正しい順序になり、いよいよその時代が来るらしいです。
具体的に、「表」と「裏」とは「正」と「悪」、「光」と「闇」、「左」「右」、「男」「女」…を表します。

これらは二つの要素から成り立ちます。
(他に三つの要素から成り立つものがあり、次号に続く)
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『過去(前世)』は、今現在... | トップ | やはり「理想」を求めるべきだ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。