ひっそりと





雨にひたり
心もひたり

ただ ひっそり
時を待つ

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

ときどき

ときどきのことに
ときどきワクワク

ときどきのことに
泣いたり
笑ったり
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

雪降る白い風景

シンと埋もれる形が
君の姿に似てて

落ちてくる雪も
舞う花びらも
通り過ぎて
行方をくらましてしまう
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

紺の夜

夜の深い紺色が
街に降りて

私の体中
しみわたる
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夕闇の下

消え入るように
影を失っていく

きらきらと
鳴る音は
サヨナラの声
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夕方の風を仰ぐ

私が消えてしまったら

この想いは風に溶けるのだろうか
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

いつか泣いてしまおう

いつか泣いてしまおう

今まで
泣かずにいた私を
忘れてしまうために
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

どうしようもない未来

きっと
どうしようもない未来だろうけど

どうしようもない未来に
小さな希望を忘れない
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夢も現実も





いくつもの景色を
通り過ぎて

今の景色を
走り続ける

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

指し示す 言葉を操る





言葉は君を操る

指し示す言葉を
手の中で隠し続けよう

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ