HARUMA BOX

カッコイイとカワイイを行ったり来たり…そんな彼を集めましょ!

2016.7.30 マチネ

2016-07-31 | Kinky Boots
今回の春ローラは 飛ばしてたなぁ

色について語るくだり ものすごく早口で…

何か あったのかしら…?

私は あの微妙なタメが 好きなんだけどなぁ…

特に この場面



確か 初日は

赤…
赤…
赤は…


って タメに タメてて そこが面白くて 好きだったのにな


パンフレットより
春馬さんのイチオシの見どころポイント

チャーリーとトリッシュの母子のような関係性。トリッシュがチャーリーのおでこにキスをする瞬間が感動的。

見つけましたわ〜

子チャーリーがトリッシュのところに行くと トリッシュは缶から アメのような物をあげて おでこにチュって

徹平チャーリーが跡取りとなって 工場に戻り トリッシュが缶からアメのような物を取り出そうとすると いいよってやるんだけど その時にも チュって

いいねぇ〜


そして カテコ

春馬さん
本日は猛暑の中、お越しくださいまして、ありがとうございます!
僕は今日朝起きて こんなに暑い日はプールに行きたいと思いました。
(会場 笑)

徹平くんも え〜っ? みたいになって

そういうことじゃなくて…

猛暑の中、この日のために足をお運びいただいて ホントにホントに ありがとうございます!
キンキーブーツは 続いて行きますので 体調に気を付けて 頑張っていきたいと思います。本日は本当にありがとうございました。



プールに行きたいて

春馬ファンとしては とっても嬉しいカテコのご挨拶

でもふと…
座長の徹平くんは そんな春馬さんを見守っていて 凄いなって思う

この記事をはてなブックマークに追加

2016.7.29 ソワレ

2016-07-29 | Kinky Boots
初めての右ブロック

とってもよかった

春馬さんがよく見えるってのが よかったな

タンゴもボクシングも


そして…!

照明の当たり方もキレイだし 音の聴こえ方もグッド

特に舞台袖からのコーラスが よく聴こえたわ


セリフのない方々の細かい演技も よく見えて とってもよかった


キンキーチームは 昨日は マチネ後に 舞台観劇してたのね



今日は ソワレだけだから 観劇後 飲みにいったのでは?←勝手な想像 笑

1幕
徹平くんは 噛みまくるし 歌はキーを下げてきて ダミ声だし


でも さすが!

2幕は しっかり持ち直してました!


春ローラは Sex is in the heel で アレンジしてきたね

カモン!に 入る直前のところで キーをぐんぐん上げていく

カッコイイ


そして カテコ

今日のお客さんもノリがよく 手拍子も早々に揃ってた

春馬さん
本日はお忙しい中、お越しくださいまして、ありがとうございました。
梅雨も明けたということで
(会場 笑)
いよいよ夏本番!熱中症と〇〇←聞き取れなかった
に気を付けて元気にお過ごしください。(会場 笑)

徹平くん
それで いいの?

春馬さん
うん!


そして 今日も仲良く 腕を組んで はけていきました


…素だな

この記事をはてなブックマークに追加

2016.7.26 マチネ

2016-07-26 | Kinky Boots
いや〜
のっけから ノリがよかった〜

そんな今日の会場

昨日のお休みがよかったのかな?

身体にとっても心にとっても

キャストさんたちのキンキーを演りたいという気持ちが爆発してる気がする

歌声は 伸びがあって また お芝居にも余裕が出てきてる

初日とは グッと変わったよ


なんと言っても 春ローラ

これまでになく ハッチャケてるし 歌は ハンパなく 進化してる

ローラのナンバーは さらにパワフル
今日は声量もあって キレイに響く

だから サイモンにもどって歌う時は 透きとおるような美しい声に ウルウルしちゃったわ


今日のカテコ

オールスタンディング

2回目に2人が登場して お辞儀してハケたら 早々に帰る方たちが…!

ダメよ!ダメよ!

1度鳴り止んだ拍手を盛り返す

しばらく間があったよ〜

やっと出てきてくれた2人

徹平くんが 春馬さんに 挨拶をっていうようなジェスチャーをしたら

1度ブーツを脱いでしまいました

って

カワイイんですけど


どんどん熟成されていく

どこまで 進化していくの

この記事をはてなブックマークに追加

休演日

2016-07-25 | ゆかりの場所
今日は休演日
ゆっくりお休み取れてるかしら?

ゆりかもめに乗ってお散歩したよ

向かったのは お台場



立ち位置 合ってるかな?笑



この時の春馬さんからのメッセージ



この時には NY行きは 決まってたんだよね

何を思っていたのかな…


また ちょっと歩いて ココへ



キャプテンハーロックの完成記念イベントで 旬さんと船に乗ってきたところ


そうそう

春馬さんの楽屋には 旬さんから送られた暖簾がかかってるんだってね


明日から また がんばってね

この記事をはてなブックマークに追加

嬉しい記事

2016-07-24 | Kinky Boots
お友だちから 読んでみて と回ってきたこちらの記事

舞台のプロデューサーをやってた方のブログのようだけど 何とも嬉しい記事でした
(転載させていただきます)


ミュージカル『キンキーブーツ』

2013年にトニー賞を席巻したミュージカル『キンキーブーツ』。
初めての日本人キャスト版が現在上演中だ。

いやはや、ビックリした。

正直、最初にキャストを聞いたときは不安だった。
ドラァグクィーンのローラ役が三浦春馬だったからだ。
線の細い三浦春馬、しかも本格的ミュージカルが初なのに
こんなに難しい大役ができるものなのか?と思ったのだ。

地球ゴージャスなどで観た三浦春馬は身体能力が高く、
舞台人としての素質があることは分かっていた。
しかし、ブロードウェイミュージカルとなると話は別。
しかも、これは『キンキーブーツ』のローラだ。
劇場全部の賞賛をかっさらうほどの実力が必要。

ひとりでスポットライトを浴びてドレスを身に纏い、
感情たっぷりに思いっきり歌い上げる曲だってある。

ドラァグクィーンとしてステージに登場した三浦春馬を一目見て、
私はすでに涙ぐんでいた。明らかに身体のシルエットが違う。
『ごくせん』のときから他の少年たちから浮きまくりの
圧倒的な演技力を見せていた彼だったが、
その演技力が大爆発していた。登場しただけで、大爆発。

その眼差しが、指先足先までの筋肉のすべてが雄弁で、
エンジェルたちを従えて踊る動きは誰よりもキレがあった。
(エンジェルズも超肉体派かつ実力者揃いなのに)

一体、どれほど必死で身体を鍛え、どれほど必死で稽古したのだろう?

最後に、一番不安だった歌声。
ミュージカルの発声を徹底的に叩き込んだのだろう。
まったく遜色がない歌唱力。低く響く美声。
音程こそ多少不安定になるものの、そもそもが難曲ばかり。
「歌いこなしていた」と言っていい出来だった。

私は、新たなミュージカル大スターの登場を確信した。

『キンキーブーツ』は単なるコメディミュージカルではない。
父と息子の葛藤、自分自信を信じること、
他人をありのままに認めること、そういったテーマが
ストレートかつ巧みに表現されている深い作品だ。

フラフラとテンション低めに登場するチャーリー(小池徹平)と、
ドラァグクィーン然としてテンションMAXで登場するローラ(三浦春馬)が、
対照的でありながら、パラレルに呼応し合う存在として提示され、
チャーリーはストーリーが進むにつれてどんどん激しく、
ローラはストーリーが進むにつれて徐々に内に向かうという、
非常によく考えられた構成が、根底を支えている。

小池・三浦をはじめとした全てのキャストが、
自分たちの役割を完璧に演じていた。
ソニンは包容力と田舎っぽさ、そして笑いの要素を。
勝矢は物語を動かす心の葛藤を。
他のキャストも(もちろん子役も)本当に全員。

ひとつだけ残念だったのは、歌詞が聞き取りにくかったこと。
最初は歌唱力や滑舌のせいなのか?と思ったものの、
ソニンら超実力者でも聞き取りにくかったので、訳詞か音響のせいだと思う。
訳詞は、英語がそのまま残っていたりして耳に平易ではなかったのは事実。

しかしとにかく、最後に私を包んだのは、尋常ではない高揚感だった。

幸せな時間をありがとう。

そして、三浦春馬さん、ようこそ!ミュージカルの世界へ。
(なんとか喉を潰さずに全公演駆け抜けられますように!)



休暇中鑑賞日記(記事はコチラ)


スゴイね〜
嬉しい



この記事をはてなブックマークに追加