HARUMA BOX

カッコイイとカワイイを行ったり来たり…そんな彼を集めましょ!

三浦“亀之丞”春馬

2017-01-30 | NHK大河
三浦“亀之丞”春馬が弓、笛特訓いざ「直虎」初登場



 三浦春馬(26)がNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜午後8時)に来月5日から登場する。時代に翻弄(ほんろう)される悲劇のプリンスで、主演の柴咲コウ(35)が演じるおとわ(のちの井伊直虎)の婚約者、亀之丞(のちの井伊直親)を演じる。

 大河は03年「武蔵 MUSASHI」と06年「功名が辻」に出演経験がある。「武蔵」はまだ小学生だった。「主演の市川海老蔵(当時は新之助)さんが、弟みたいな感覚で接してくださって。空き時間にスタッフの車を借りて、ドライブに連れていってくださったり、追いかけっこをしてくださったり」と振り返る。

 収録現場で意識するのは「勉強姿勢を忘れないこと」という。数年前から乗馬クラブに通い、昨年から弓や笛の練習も始めた。特に興味を持った笛は「特技欄に書けるよう目指しています」。

 歌手としての柴咲にも興味を持っている。「日々の声帯のケア、歌を歌う準備は何をされているかをうかがっています。そこに関しては質問攻めかな」。

 おとわと亀之丞は結局、家のために結婚をあきらめる。仕事か女性との将来のどちらかという選択に迫られた場合、三浦自身はどうするか。「そんな選択肢は作らせない。両方がいいです!(笑い)」。

 とにかく役にのめり込むタイプ。大河の収録開始直前まで、舞台で女装家を演じていた。「前の作品に引きずられないか不安で。どうしても、しぐさがドラッグクイーン(女装家)っぽくなってしまっていたんですね」。

 収録現場では、前田吟(72)小林薫(65)ら大先輩に大勢囲まれたこともあり、心配はすぐ吹き飛んだ。「僕が一番NGを出しているんじゃないかな。迷惑をかけてはいけないけど、そんな緊張はなかなかもらえない。そういった環境も大切にしたい」。重圧も成長の糧にする。【近藤由美子】


日刊スポーツ
三浦“亀之丞”春馬が弓、笛特訓いざ「直虎」初登場



記念にスポーツ紙もゲット

縦長の記事なので その一部






そら〜
両方がいいよね〜

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “求愛” | トップ | 「自分」でいること、楽しん... »
最近の画像もっと見る

NHK大河」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。