レレレへの道

日々鑑賞した映画の中で、レレレに書かない映画の感想です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ジュラシック・ワールド(2015)

2017年05月03日 15時37分33秒 | 怪獣/モンスター

「ジュラシック・ワールド(2015)」
原題:JURASSIC WORLD
2015年 米 125分
■監督:
 コリン・トレヴォロウ
■出演:
 クリス・プラット
 ブライス・ダラス・ハワード
 ヴィンセント・ドノフリオ
 タイ・シンプキンス
 ニック・ロビンソン

●あらすじ
コスタリカ沖のイスラ・ヌブラル島では、
かつて多くの犠牲者を出した“ジュラシック・パーク”に変わる
新たな恐竜テーマ・パーク“ジュラシック・ワールド”がオープンし、
連日多くの観光客でにぎわっていた。
この日は、パークの監督官クレアの甥で16歳のザックと11歳のグレイの兄弟が来園していた。
しかし多忙なクレアは兄弟に割ける時間などなく、彼らの相手を部下に任せることに。
折しもパークでは、Tレックスよりも巨大で凶暴な新種の恐竜
“インドミナス・レックス”を遺伝子組み換え操作で創り出し、
新たな目玉アトラクションとして準備中だった。
獰猛なヴェロキラトプルさえ手なずけてしまう動物行動学の専門家オーウェンは、
そんなパークの経営方針に警鐘を鳴らすのだったが…。
(allcinemaより)

★感想など
いやあ、これは面白かったねえ!
2と3の良いところを抽出して1に織り交ぜ、1をセミ・リメイクしたような内容だが
ストーリーとしてはもともと1が好きだった私としては、非常に大満足した。
しかしあのセット、本当に作ったのかな?
だとしたらこの映画作るのに、一体いくら掛かったんだろ?
等と余計なことを考えるほど凄かった。
あのテーマパーク本当にあったら、是非行きたい。
ストーリーの方は、ヒロインの社長がキャラ変わりまくりなんだが
途中から色々と応援したくなる不思議さがあった。
軍人さんは圧倒的な頼もしさ感が、ちょっとうけた。
兄弟の方はお兄ちゃんが頂けなかったかな。
弟くんの方も、恐竜オタクであるところを生かしたシーンがないのが残念。
彼の恐竜知識で窮地を乗り切るシーンがあると思ったんだけどね。
昔の映画って、絶対にそういうシーンあったよね?
ラストについては、半分諦めていたのもあり、主役登場にテンションが上がってしまった。
完全に、主役は誰だと思ってるんだ? と言わんばかりで、シリーズのファンなら盛り上がるよね。
シリーズ全てを観てる人にはニヤリとさせるシーンも多々盛り込みつつ
シリーズを観ていない人でも充分楽しめる本作。
傑作であると断言しておこう。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 荒野の棺桶 | トップ | ミュータント・ハント »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ジュラシック・ワールド(3D日本語吹替)  監督/コリン・トレヴォロウ (西京極 紫の館)
【出演】  クリス・プラット(声/玉木 宏)  ブライス・ダラス・ハワード(声/木村佳乃)  タイ・シンプキンス(声/松岡茉優)  ニック・ロビンソン(声/内山昴輝) 【ストーリ......