れら工房BLOG

13年前の夏 引っ越して、れら工房をオープンしました。
ブログを初めて13年が過ぎました。

立葵が咲く頃に

2017-06-18 21:51:23 | 畑と庭、花
数日前にいつもの道を歩いていたら、立葵が根本から数cmを残して刈り取られ、あとかたもないのです!

写真は6月6日に撮りました。

畑を手入れする人が変わってしまったのでしょうか?まだこれから、後何日か、咲いてる季節なのに!



この花が咲き終わる頃、梅雨が終わると、教えてくれた人がいましたが・・・あれは10年前か20年前でしたか・・・ずいぶん前にそう聞いて以来、毎年確かめてみようとしているのですが・・・

その方は野菜も作ってましたが、何本も立葵を植えていました。私は花に見とれて、毎年、楽しみのしていましたが、引っ越してしまいましたので、しばらく見に行けませんでした。

数年してから、立葵を思い出して、行ってみましたが、もう消えていました。しばし佇んでいると、若い方が見えたので、立葵のことをたずねてみると「父が植えていたのですけれど・・」と過去形でした。


市民農園の立葵も、先日の草刈りで消えてしまいました。わざわざどこに残っているか探しにいかねばならないのかなとさみしくなってます。


(追記)
畑のふちに立葵の花が咲いていました。わずかに残った根本から枝が出て、いくつかの花が咲いています。嬉しくなりました。7月25日撮影

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨らしい雨 | トップ | 雨の翌日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

畑と庭、花」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。