ブナの中庭で

ようこそブナの中庭へ!大好きな登山や山スキー、環境問題や自然のことなどいろいろ綴っています。

神通川水系・真川谷周回沢登り

2017年07月30日 | 沢登り
白木峰を起点に、花崗岩の美しい沢を周回。

***
富山労山のHPで知ったルート、面白そうだなと思い仲間をお誘いしました。

梅雨末期で不安定天候ですが、「源流部の沢なら大丈夫かも」と期待して入渓。
同行はなんと11人!
所属山岳会9名の他、石川労山から2名、私を含めて合計12名。
参加ありがとうございます。

富山市八尾の奥、大長谷温泉の先から林道に入り、グングン高度を上げて白木峰8合目駐車場へ。
もう7時前ですが、駐車場はすいていました。
(有名なニッコウキスゲの花期がほぼ終わったからなのでしょう)

支度をして出発です。
まずは白木峰の山頂に登りました。

そして白木峰小屋へ。


ここで沢靴に履き替えて、登山靴をデポ。
小屋の脇(上の写真では小屋の右側)から沢を下ります。

下り始めて30分ぐらいで、懸垂1回目。
本日、沢登り初めてのIさんもスムーズに懸垂。


まもなく2回目の懸垂。12名で楽しくワイワイと。


下りで使ったのは真川谷の本谷、花崗岩や片麻岩が広がり美しいです。




斜瀑は左から巻いて、無事に標高1070mの合流点へ。
ここからは左俣の支流へ登り返し。


登りに入って最初はゴルジュ地形が続きますが、快適に登って行けます。


1箇所巻いた以外は、全ての滝を直登できて、楽しい~♪




ここは右からへつった私、足が滑って釜にドボン…(とほほ)


レッツ シャワークライミング!


最後は藪漕ぎなしで草原へ。
木道で白木峰山荘に戻りました。


楽しい沢登りにみんな大満足!

同行のみなさん、ありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中尾温泉・ちろり庵 | トップ | 真川谷の飛騨片麻岩 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。