ブナの中庭で

ようこそブナの中庭へ!大好きな登山や山スキー、環境問題や自然のことなどいろいろ綴っています。

保水力のある森を守りたい

2017年07月12日 | 生物多様性
九州北部の水害の原因を考えてみると‥

***
この度の北九州水害、胸が痛みます。
報道を(特に写真)を見ていて気にかかったのは、流木が被害を増幅したということ。

流木の多くが、杉と桧だそうです。
残念ながら保水力は高くはありません。
大雨が降れば一気に水が流れ出してしまいます。


一方、ブナ・ナラの森の保水力は高いです。
少々の雨でも沢は濁ったり増水したりすることはありません。
沢水位の変動も小さいので、生物相も豊かです。


急峻な日本の国土で、ブナ・ナラの森は「緑のダム」です。
守りたいですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水豊かなブナの森で、テンカ... | トップ | 映画「日本と再生~光と風の... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。