ブナの中庭で

ようこそブナの中庭へ!大好きな登山や山スキー、環境問題や自然のことなどいろいろ綴っています。

エネ・カフェ・メタン in 鳴子温泉

2017年01月30日 | エネルギー
生ゴミを集めて温泉熱で発酵させたバイオガスで、お茶を提供!

***
1月29日、鳴子温泉を訪れました。
目的は「エネ・カフェ・メタン」の訪問です。

鳴子温泉の旅館や一般家庭から出た生ゴミを持ち寄り、ここで測って、発酵炉に投入。


生ゴミは温泉の熱と微生物の力で発酵し、メタンガスが発生します。
このガスでお湯を沸かし、コーヒーなどを提供しています。

面白いのは「えのき茶」。
エノキ茸を、温泉熱を利用した乾燥室で乾かして、お湯でエキスを抽出するのです。
なんと素晴らしい取組なのでしょう~!!

そして、このカフェの隣では温泉卵をつくることもできます。

足湯(無料)もあります。

そしてもちろん、鳴子温泉は最高です!
公衆浴場の「滝乃湯」に入りました。

打たせ湯を堪能できました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川渡温泉(宮城県) | トップ | みちのく潮風トレイル:相馬地区 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
エネ・カフェ・メタン (akashiaime)
2017-01-30 22:53:21
エネ・カフェ・メタンお訪ねくださりありがとうございます。
娘もきっと大喜びすることと思います。
冬場は寒くてガスの発生はどのようなものだったでしょうか?
鳴子温泉は泉質がたくさんあっていろいろ楽しめますね。
エネ・カフェ・メタンを見に行った時私たちも
ゆさ旅館にも宿泊しました。
よかったですよ! (Repu)
2017-02-01 07:39:17
とっても素晴らしい施設で、我々一同(6名です)感激でした。
ガスは温泉熱のお陰で順調に発生しているようで、カフェの営業も滞りなく行われていました。
ゆさ旅館、よいところですね。鳴子温泉郷、素晴らしいなぁ~!ファンになりました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。