ブナの中庭で

ようこそブナの中庭へ!大好きな登山や山スキー、環境問題や自然のことなどいろいろ綴っています。

唐松岳~五龍岳(後編)

2017年05月06日 | 山登り
唐松から五龍岳への縦走、展望最高~!

***
5月4日(木)朝、テント場からは朝焼けに輝く唐松岳。


正面は剱岳方面。


山行2日目も素晴らしいお天気です。
準備をして五龍岳への縦走路へ。

目の前にはザイルコンテした家族。女の子はなんと5歳!

(この後、雪がついていやらしい鎖場も無事通過。五竜山荘で会いました。素晴らしい~)

大黒岳は右側を巻きます。
途中の鎖場、鎖が出ていたり雪に埋まっていたり。

雪に輝く五龍岳がまぶしい。


五竜山荘で休憩の後、五龍岳への登り。
トラバースの後、急な雪壁を登りました。


五龍岳(2814m)到着~!
山頂は、無風快晴。なんてシアワセな。

山頂からの展望を紹介します。正面は鹿島槍ヶ岳。


十分に山頂を楽しんで下山。山荘に戻り、遠見尾根へ。
白岳のピークは巻いて雪面をトラバース。


西遠見山へ向かう途中、右後ろを振り返ると、五龍岳が大迫力でした。


本日のテントは西遠見山を越えた広い尾根。
ここは広くて平らで、最高のテントサイトです。
五龍岳を見ながらテント設営し、夕食&ビール(五竜小屋で調達したもの)。

気分は最高~♪

山行3日目:5月5日(金)
朝起きると、今日も快晴。
テントからは、五龍岳と鹿島槍ヶ岳。



なんて贅沢なテントサイトなのでしょう~

展望を楽しみながら、準備して出発。
広い遠見尾根をのんびりと下りました。


最後は小遠見山への登りかえし。


小遠見山から振り返る五龍岳。武田菱がクッキリ。


五竜とおみスキー場のテレキャビンを利用して下山し、タクシーで駐車した八方尾根スキー場へ。
最後は「みみずくの湯」の露天風呂から、唐松と五龍の姿をもう一度堪能し、3日間の恵まれた山行を締めくくりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 唐松岳~五龍岳(前編) | トップ | 白山御前峰・山スキー »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。