ブナの中庭で

ようこそブナの中庭へ!大好きな登山や山スキー、環境問題や自然のことなどいろいろ綴っています。

イノシシ被害

2016年12月20日 | 生物多様性
北陸でも各地でイノシシの被害が深刻です。

***
日曜日に登った白抜山・鷲走ヶ岳地域でも、イノシシの掘り返しが至る所で見られました。

(写真:白抜山)



かつて石川県にイノシシは棲んでいませんでした。
しかし近年、生息域が急速に拡大しています。
原因のひとつが温暖化。
イノシシは脚が短く雪に弱い動物。しかし最近ずっと続く暖冬のため積雪量が少なく、雪道が苦手なはずのイノシシも大手を振って歩いて
います。
以前は加賀地方に限定された被害地も、急速に能登へと拡大しました。
能登は耕作放棄地が多いので、イノシシにとっては絶好の場所。
はやく何とか手を打たないと、大変なことになりかねません‥。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白抜山から鷲走ヶ岳(わっそ... | トップ | 野菜のかわはどこまで除くか? »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。