ブナの中庭で

ようこそブナの中庭へ!大好きな登山や山スキー、環境問題や自然のことなどいろいろ綴っています。

発電所美術館・展覧会「加藤泉×陳飛」

2016年09月18日 | いろいろ
富山県入善町下山芸術の森にて。

***
発電所美術館は、以前からぜひ訪れたいと思っていました。
黒部川扇状地の田園地帯の中にある「下山芸術の森」の中心施設。
大正15年建設のレンガ造り「旧黒部川第二水力発電所」は取り壊し予定だったのですが、平成7年に美術館として再生されました。


この発電所美術館で本日より「この世界に生きている 加藤泉×陳飛」が開かれています(12月18日まで)

強い雨が降る中、出かけてみました。

広い空間いっぱいに加藤泉の彫刻群(実に不思議な作品群です)が展示されていました。


同じく広い画面いっぱいに陳飛の絵画が。


美術館内には発電所の装置が一部残されています。
それらと奇妙な融合を感じさせる加藤の作品群です。
今回、日本で初の発表となる陳飛。

展覧会初日ということで、加藤泉と陳飛が会場に登場しトークもありました。


ここでは平成4年まで、黒部川扇状地の河岸段丘の23mの落差を利用し発電が行われていました。




展望台から見る黒部川扇状地の風景。

右が旧発電所で現在の美術館、左は新発電所です。

発電所が美術館に生まれ変わったとは、とっても珍しい。
素晴らしい発想ですね。
午後には展望の楽しめる併設カフェも開いています。

「下山芸術の森・発電所美術館」
HPはこちら
富山県下新川郡入善町下山364-1
料金 一般600円
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福島の美味しいお酒 | トップ | 国指定天然記念物「杉沢の沢... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。