性能とデザイン いい家大研究

こちら 住まいの雑誌・Replan編集長三木奎吾です 
いい家ってなんだろう、を考え続けます

【禅、朝課、宗教文化を面白く】

2016年10月31日 06時28分00秒 | Weblog
さて、出張で東京に来るのに、余暇時間の過ごし方が
段々と年寄り臭くなってきます(笑)。
まぁ人間、興味分野は変わっていくものであります。
ちょうど東京国立博物館では、禅にスポットを当てた企画展示。
見ようと思って入ったらちょうど、禅トークというのがあるとアナウンス。
禅トークって、要するに「禅問答」と訳せるのじゃないか、
みたいに密かなツッコミ気分を持って聴講させていただいた。
禅の代表的な画と言えば、禅の創始者達磨さんに
弟子入りしたいと思った人が、その腕を切り落として
その修行の覚悟をあらわす件を描いた禅画が代表的とされるのに、
今回展示では、上の写真のようなマンガっぽい「偈」の画が主役に抜擢された。
この絵は、禅をわかりやすく伝教した高僧が描いた禅の本質表現だとか。
相手の心の中を見通すようでありながら、しかしはるかそれ以上に、
明るく楽しい視線であり、またその表情が可笑しい・・・。
そこに今回展示の意義がある、というような、
そういった経緯を「禅トーク」では話されていた。
なんでも有名な絵の方は30億円は下らないが、
この主役の絵の方は、たかだか1,000万円くらいだという、
およそ禅トークとは思えない下世話な話題まで例示されて
でも、禅の本質とは「こころをかたちに」である、その表現だと。
で、その後、展示を見て回りましたが、
こころなしか、この博物館の展示にしては熱気が薄い。
イマイチの反応だったのではないかと、思われました。
禅はたしかに日本文化に深く浸透した文化でしょうが、
やはりその幅広さに、表現が追いつかなかったような印象を持ちました。

今回出張では東京都内のホテルが満杯状態。
で、川崎まで行かなければならなかったので
翌朝はこれ幸いと、川崎大師平間寺に参拝してきました。




こちらでは、朝6:30から護摩を炊いている。
空海さんが、密教思想に日本的な山岳信仰の要素を加えた
その様子がこういう護摩法要には見えますね。
ある結界を作ってそのなかで火を燃やして、印可を唱えるって、
なんとも呪術的で、支配階級層の中でこの真言宗が支持されたのが、
こういう「念力」的な現世利益要素であると見えます。
はるかな現代、わたし的には、大いに楽しく見させていただいている。
態度に於いて不遜なのかとは思いますが、
イベントとしてみていると、相当に面白みがあります。
たぶん、初期こういうパフォーマンスを初めて見たひとは
相当に度肝を抜かされたに違いない、という視線です。
やはり人の心に「刺さっていく」のは、面白きこと、楽しきこと・・・。

ここ数日、ブログでは「日本エコハウス大賞」関連の話題が続きました。
活発な対話が起こっていて、これは有意義ではないかと思っています。
今後とも深まっていくことを期待します。
ということで、本日月曜日は仙台に北上しておりまして、
3日間、仙台事務所で行動して参ります。さてさて。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【謙虚にシアワセを実現する... | トップ | 【10世紀1000km距離間豪族居... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。