靴修理の紹介:クラークス、生ゴムのカカト修理

婦人物のClarksです。
ソールは生ゴムです。
つま先はがれとカカトの減りを修理。
修理前の写真、撮るのを忘れてました。

↓修理中

減ったところを削って新しい資材を接着します。生ゴムには、生ゴムを。

↓修理後
はめ込んで修理したラインがうっすらわかります。





実は捨てるつもりだったとのこと。
Clarks、わりとよい値段しますので、
それはちょっともったいないかもです。
今回たまたま修理に出して頂いて、
また履いて頂けそうなので良かったです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加


« ベルトの修理 続・些細なこと »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。