NEKOとにゃんこ

猫たちのことと、私の日常と映画感想文など。猫の4コママンガも時々書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

猫 虹の橋を渡る

2016年03月10日 | 日記

愛猫白影が虹の橋を渡ってしまいました。11歳と7か月でした。
1か月ほど前に雪が降ったりかなり寒い時からあまりこたつから出てこないなぁと思っていたのだけれど、ご飯も食べていないようだし、なんか変だなぁと思っていました。でももともと白影はあまりがつがつ食べるほうではなかったし、見ていないところで食べているかとそれほど心配してなかったの。こたつの中に私が頭を突っ込んで口元まで持って行くと食べたりしたのであまりの寒さに外に出るのも億劫なのかなぁと思っていたんです。まえから抱っこは嫌いだし、あまりそばに来ないクールな子だったし、あまりごちゃごちゃ構うとうるさいだろうしと静観してたの。そのうち、ほとんど食べなくなってやせてきて、そして口の周りがよだれでべたべたになってきたの。これはもしや・・・。以前にいたレオも同じような症状が出て、ネコエイズだと判明したことがあったので、白影も同じかもしれない。病院に行くとやはりエイズということで、治療法はなく対処しようがない病気だということで、入院して苦労させるより家で命のある限り見守っていきたいと連れて帰ってきました。食べやすそうな猫缶を用意するものの、ペロッとなめる程度でそのうちそれすら拒否するようになりました。1か月ぐらい何とか頑張っていましたが、最後の方は撫でれば小さく鳴いていたのがほとんど返事をしなくなり、そしてそのまま眠るように息を引き取りました。

白影はうちの倉庫で生まれた外ネコの子供で、1歳近くになってしばらく姿が見えないのでどこかに旅立ったのかなぁっと思っていたら、左の前足が切断された状態で現れました。どうも狸の罠にかかったようで、助けを求めているようなので引き取り病院で手術をしてもらいうちの子として飼うことにしました。引き取った時にはすでに1歳近くだったせいか、あまり甘えてこず、特にだんながそばに来るといやそうな顔をしてました。先住のまぁことは仲がよくて一緒に寝たり後ろをついて回ったりしてたけど、まぁこがいなくなってからはちょっとさびしそうながらネコらしく自分のペースで暮らしていました。三本足でも全然不便そうでなく走れば追いつかないほど早かったです。これといった悪さもせずおっとりしたおとなしい子でした。ああ、でも座椅子や洗濯ものの上におしっこをよくしてましたけどね。

白影が歩くと廊下がコトンコトンと音がして、ああ白影がこっちに来たなとわかって今でもなんとなく音がすると白影がいるような気がしてしまう。なんだかとても寂しいです。

しろかげ、君と一緒に暮らせて楽しかったよ。お空には大好きなまぁちゃんがいるから寂しくないよね。また生まれ変わったらうちにおいで。いっぱい抱っこしてあげるよ。大好きだよ。白影くん
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

悩みの解決法

2016年03月05日 | 日記
ハウスとかで仕事をしている時、よくラジオをつけて聴いているのだけどその中で悩みの相談のコーナーがある。例えば『息子が離婚したのだけど、元嫁が養育費を増やせと言ってくる。息子は気が弱くて何も言えない』とか『息子の嫁は外国人だが日本語を覚えようとしない』とかなど、まあ悩みの相談もいろいろある。そしてその悩みを専門家の先生が解決できるように話をしてくれるのだが、ラジオで聞いていてこれって本当に解決してるのかな?って思う時がある。最初の回答が『息子さんは夫婦で話し合って離婚して養育費も決めたのだから親が口出しすべきでない』次のは『あなたはその外国人の嫁さんのために英語なり母国語なりを覚えてコミュニケーションを取ろうと努力しているのか?』という感じ。どちらかと言えば相談した人が怒られているパターンが多い。これって本当に悩みの相談になっているのかなぁ?

悩みの相談って、まあ愚痴をこぼしてすっきりというところもあるのだけれど全否定されると相談したくてもできなくなるし、何も言えないから内に気持ちがこもっちゃうよね。以前に義兄にうちのだんなの愚痴を言って相談すると「あのなぁ、そんな悩み子どもがいてたらぶっ飛んでしまうよ。子育てに比べたら大したことではない」と言われた。つまり子供がいない私にはそんなちっぽけな悩みなんて悩みのうちには入らないということなのね。また義姉には「私は今までやってきた!あんたができないなんて言わせない!」的なことも言われた。これもつまりは義姉のレベルまで私も行かなければいけないということ。出来ないというのはほとんど人間失格みたいなものか?努力が足りない私が悪いということ。他にも、人の家の話をしようとすると「自分ができないくせに人のことばっかり言って」と言われたりもした。まあ確かに人のうわさ話は良くないけど、やることなすこと全否定されればもう何も言えなくなる。だって話せば説教されるだけだもん。いやな思いをするなら何も言わない方がいいよね。

最近はどこにも誰にも何にも言うところがなくなって、時々キー!と爆発しそうになる。ブツブツ独り言が多くなってあまり誰にも会いたくないように気持ちだ。
私もラジオの悩みの相談室に連絡してみようかしら?でも怒られるだけだから意味ないよね・・・・。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2016年01月05日 | 日記
あけましておめでとうございます。
年が明けましたね。2016年ですね。申年ですね。ウッキーキーと浮かれた一年になればいいのですが。

年末は恒例の親戚からの差し入れの魚はでかいカンパチでした。さばくのもかなり慣れてきたのでとっととさばいて年内に半分はお刺身で食べました。処が集まる時は集まるもので31日にはさらに真空パックに入ったカンパチの切り身を2つももらいました。おまけに焼酎ももらう機会が多くて、だんなは喜んでおりますわ。

毎年、正月は張り切っていろいろ料理を作るのですが、二人だとてべきるのも大変なので今年はかなり少なめにして、そばも手作りだと大量にできるので乾麺にして、3日にはほとんど片付いてお正月もあっという間に過ぎた感じ。
毎年楽しみにしていた家庭用品の福袋も、結局は使い切れないことが多いので今年はパス。家庭用品の福袋は鍋とかが入っているけど、鍋ってなかなか新しいのを下ろさないのよね。姑が使っていた中古品もまだ残っているし、ここ数年買っていた福袋もほとんど使ってないし、なので今年はやめました。結局、お正月らしいことは何もなく、2日に朝ゆっくり寝ただけであとはだらだらとテレビを見ていただけ。子供の頃は正月も楽しかったけど大人になったらつまらないね。

去年は最悪な一年だったけど、年が明けたからと言って特にいいこともありません。気分はあまり上昇していなくて明るい兆しは何も見えません。どうしよう?
まあとにかく私が頑張るしかないんだな。今年の目標は『がまんと頑張り』っていうところでしょうか?

今年もよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

重大ニュース

2015年12月27日 | 日記
いつの間にやら年の瀬になり今年の重大ニュースについて考える。

毎年書いてますが本当に年月が立つのが速い。春だ、梅雨だ、暑い、とか言っているうちにもう年末かあ。早すぎる!

今年は年が明けてからは桜島がすごい勢いで爆発していた。1日に10回やそこら爆発していてこの調子だと1年間に1000回は軽く超えると思ったけど、600あたりから急に静かになった。一時期、レベル4まで上がって周辺の人は避難していたりしたけど、今はレベル2まで下がっている。灰も降らなくて野菜もきれいだけどあんまり静かなのも気持ち悪いわ。

梅雨の頃はもう毎日雨続きで、台風もたくさん発生したし一応2度自主避難はしたけど特に何もなかったので良かったわ。
梅雨が明けると今度は日照りだし、米もどうなるかと心配したけど意外にも豊作に近かったので安心したわ。また1年間米だけは心配なさそうだ。
2月に妹が鹿児島に来たし、9月には私が大阪に行きました。だけど実家にはもう私の居場所はないっていう感じだよね。あたりまえか。もう独身時代より結婚してからの方が長くなっちゃったもんね。

今年は今までの人生の中で最悪でした。今年がどん底だと思いたい。愚痴を言うところもないし、言ってもつまりはすべて私が悪いということになるので誰にも悩みの相談も出来ないよ。来年こそは来年こそはと毎年思ているけど、どんどん下がっていっている。もうこれ以上、下に行きたくない。もう一番下までついたと思いたい。来年からは上に上がっていきたいなぁ。

何もする気が起きず悩んでばかりで泣きそうな日々ばかりだったけど、秋ごろからパソコンで内職的なことをはじめました。野菜をお店に出すというのも秋ごろから始めて、たるんだ毎日に少し刺激が出始めてこれをきっかけにちょっとずつ上昇すればいいのだけれどなぁ。

というわけで今年はブログもあまり書けませんでしたけど、訪問してくださった皆様、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

野菜を出荷

2015年10月30日 | 日記
最近始めたのですが、野菜をスーパーの隅に置かせてもらい販売するようにしました。今まではとりあえず、収穫した野菜たちは市場に出荷という形なんですが、量目が足りないものとかは出荷できず自分たちで食べたり食べきれない時は捨てたりしてました。近所に配ったりもするけど近所に人も農業の人が多いので配り切れずにもったいないなぁと思いつつも廃棄してました。農協系列のスーパーで、個人的に野菜を置いている人もいるということで私にも出来ないかと聞いてみました。袋に入れる量も値段も自由につけていいし、登録したもののさっぱり出さない人もいるらしいし、1つ2つだけ出す人もいるそうだしとりあえず登録だけしておこうと、私の名前で登録しました。物は試しで、キュウリを数袋出してみました。周りの人の値段と比較しながら高すぎず安すぎずの値で置いてみました。事前に登録しておくと携帯のメールに売れた分だけ連絡が来るようになっていて、初日にいきなり2袋売れたと連絡がありなんだかうれしくなりました。最初、だんなはそういうところに出すことを嫌がっていたのでじゃあ私の名前で登録して、収穫した野菜は私一人で袋詰めし、店屋に並べるのも私一人でするからと言って説得したのだが、日々少しだが売れたという連絡が入るとだんなも面白くなってきたのか、「これも出せ。あれも持って行ったら?」となんだかうるさくなってきました。

こういう直売は、卸値よりかなり高い値段をつけることができるし新鮮だし何より誰かが買ってくれたというのが直接わかってなんだかうれしいものです。しかし、市場に出荷した場合、値段は安いがとにかくすべて買い取ってくれるのですが、直売は売れ残る可能性もあります。そこそこ日持ちするのもありますが、まあせいぜい3日程度。ひどくなれば自分で回収するかお店に処分されてしまいます。そうなると1円にもならないというリスクがあるんですね。市場に出せば1円にはなるんですよね。

うちの近所のスーパーと鹿児島市の大きな同じ系列のスーパーに出せるように登録していて、その鹿児島市の方に見に行ってみました。広いお店で買い物客も多い…が、並べられている野菜も多い。そりゃそうだ。鹿児島県のあっちこっちからそこに集まってくるのだし(うちの近所のスーパーはせいぜい近くの人が持ってくる程度)キュウリなんかは、同じようなのがいろんな値段で売っていて、それも大量に置いてあってその中から私のキュウリを選んでもらうのってかなり難しそうでした。

売れるとうれしいけど、10袋持って行って3袋売れたと連絡があった場合、あと7袋が気になるし売れ残った子たちがなんだかかわいそうに感じるしで、あまり大量に出すのもどうかと思うようになってきました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

2015年09月16日 | 日記
久しぶりのブログでございます。

先週、実家の大阪に里帰りをしてUSJに遊びに行った。
数年前にも行ったことがあるんだけど、新しいアトラクションも増えてやっぱり大阪に実家があるんだから言っとくべきでしょうということになった。

平日に行ったけど覚悟はしてたけど、まあ混んでますわ。まず電車が混んでる。入口が混んでる。中が混んでる。
つい比べてしまうけど、東京ディズニーランドとは敷地自体が狭いので、込み具合も一層感じられますわ。
一番の目的は「ハリーポッター」なのだが、「ハリー~」のエリアに入るのさえ整理券が配られている始末。もちろんアトラクションはどれも一時間以上は待たなくてはいけないし、効率よく回らなければ並んでるだけで一日が終わっちゃいそう。一緒に行った妹が、首尾よくチケットを購入してくれていたのでそれほどつらい思いをしなくてよかったわ。ちょっと雨が降ったりしたが、まあずぶぬれになるほどでもなく、しかしショップはどこも満員でゆっくり見る余裕がなかったのがちと残念。

USJのアトラクションはほとんどが3Dメガネをかけて、ガタガタと激しい揺れのものでおばさんの私にはちょっときつかったなぁ。もうジェットコースター系はパス。歩くのも疲れるのでアトラクションの半分も乗らなかったけど、まあ楽しかったわ。もう少し近くに住んでいるなら何度も足を運んで何日もかけてゆっくり楽しめたらいいんだけどなぁ。

お客さんはとにかく外国人と若いカップルが自撮り棒片手に歩いている姿を多く見た。鹿児島の田舎に住んでいると感じにくいが、本当に外国人や自撮り棒って多いのね。ガラケーの私は携帯を出すのも恥ずかしかったわ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

砂むし温泉

2015年04月10日 | 日記
ちょっと前の話になっちゃったけど、2月ごろに大阪の妹が鹿児島に来るというので、二人で指宿の旅館に泊まりに行った。
指宿はいわゆる普通の温泉もたくさんあっていいのだけれど、なんといっても砂むし温泉が有名だ。鹿児島県に住んでいるなら一度は行きたいと思っていたがなかなかチャンスがなかった。うちからだと砂むしだけ入って帰れば、余裕で日帰りできるんだけど、なんとなくわざわざフェリー乗ってまで行くのも面倒だし、行きたい行こうと話しつつ行きそびれていた。
で、体験した感想は、まず想像していたより砂が重かった。熱い砂むしは10分ぐらいが限界と聞いていたが、割と寒い時期だったせいか15分ぐらいは大丈夫だった。肩や腰やらが痛かったのですっと治るかと思ったがそんなに即効性はないよね。何日か連続で入れば体も楽ちんになるかも。

久しぶりの妹と過ごした時間は、一緒にいる間はほとんどがおしゃべり三昧。特にどこに行くわけでもなくただただしゃべりまくり、おいしい食事の間もしゃべりまくり、それでもまだ話は尽きることもなく、観光もしなかったがこんな旅も悪くはないもんだなぁと思いました。サンキュー、妹よ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ミシン

2015年03月13日 | 日記
もう40年ぐらい前だろうか。嫁入り道具として私はミシンを購入した。そのころの最新版でコンピューターミシンの一番最初のころで、値段もかなり高かった。いろいろ機能が付いていて、自動で刺繍が出来たり文字が縫えたりと大変良いミシンだった。・・・が非常に重たくて常時置いておくところもなかったので、一度片付けると出してセットするのも面倒で、第一、不器用な私は洋服なんか縫う趣味も実力もないし、せいぜい雑巾を縫う程度で直線縫いだけあれば十分だった。なので便利機能をほとんど使うことはなかった。40年の間に数えるほどしか使わなかったし、手入れもしないので最近はうまく動かなくなってきたし、修理に出すのもなんだかなあってな感じになっていた。

最近はテレビショッピングとかで軽くて一万円ぐらいでミシンがあるし、私の実力から言えば直線だけ縫えれば十分だ。買い替えたいがミシンはひょっとして下取りできるかもしれないし、下取りできなくてもゴミとして捨てるのも難儀なことだしどうしようか迷っていた。
そんなときに近所のスーパーに出張販売でミシン屋さんが来た。チラシに下取りOKと書いてあったので持っていった。聞くと下取りはそれなりの値段のミシンを買ってもらわないとだめだと言われたが、それなら下取りしてくれなくていいから引き取ってくれとお願いした。私のミシンを見て古いがかなり良いものだったらしく、一万円クラスのミシンでも値引きするといってくれた。

4,5日して購入予定のミシンを持って説明に来てくれた。しかし安いミシンは糸調節が難しく、前のミシンは上糸と下糸の強さが自動で調節してくれたが、安いやつだと自分で加減しなくちゃいけなくて、それが何度やってもうまく出来ない。これでは結局使わないままになりそうだ。そこでちょっと高めだが自動で調節してくれてなおかつ余計な機能の付いてないのを買うことにした。

さっそく使ってみたがなかなか快適だ。さあせっせと雑巾を縫わなければ(←やっぱり雑巾かい!)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お猿騒動

2015年02月16日 | 日記
一週間ほど前の土曜日。その日はダンナは近所の男の人たちとある会に出席するため、みんなで連れ立って出かけていた。一人で昼ご飯を食べてやれやれと思っていると、屋根の上をドタバタと大きな足音が聞こえた。猿だ。猿が来ている。裏の竹藪からもキーキーと鳴き声が聞こえる。私は脅かして追っ払おうと竹の棒を持って、その辺の壁をガンガンと叩いて大きな音をたてた。すると子猿は逃げたが大猿がギャーギャー言いながら2、3匹こちらに向かってきた。ひょえ~!怖い、怖いよう。ウチの迎え側にある家(そこのおじさんもダンナと一緒に出かけていておばさんが1人)に「サル!サルがいっぱいいてる。怖い怖い」と逃げ込んだ。近所の男の人は誰もいないし、一人で家にいるのも不安だし、とりあえず土曜日だが役所に電話して「サルがいっぱいいて怖い」と訴えた。とにかく職員の人は来てくれたし、猟友会の人も来たが木の高いところにいる猿たちをどうすることもできず、そんなこんなしているうちにダンナ達は帰ってきた。花火を2、3発鳴らすと一応向こうの方へサルたちは移動していった。

どうやらあっちこっちに出没しては威嚇され、移動してまた威嚇されまた戻る、なんてのを繰り返しているようで、しかも子猿もいるということは繁殖しているということだし、何の解決も見出さなさそう。まあ家の中には入って来ないけど、すごく怖いわ。

今日も屋根の上を走りまわっていたので、ダンナが花火を鳴らして追っ払ったがまたそのうち来るんでしょうね。この頃だんだん図々しくなってきてるし困ったもんだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三つ以上

2015年02月02日 | 日記
この頃は歳のせいか一度にたくさんの事がこなせなくなってきた。

例えば、スーパーで買い物をしてレジでお釣りとレシートとポイントカードを返してもらうと、そこで思考が止まってしまって買い物した袋を持てなくなってしまう。財布に収めるものを収めないと次に移れなくなってしまったのである。
例えば、出かける時、まずガソリンを入れて買い物して銀行によって帰りにコンビニで雑誌を買って帰ろうとすると、最後のコンビニを忘れてしまうのだ。家に着いてからあっと思いだす。
例えば、料理をする時、冷蔵庫から材料を出して鍋を出して水を入れて火にかける時、火をつけるのを忘れてしまう。材料を切ってふと見ると水の入った鍋がそのまま水のままでおかれていたりする。
例えば、洗濯物を取り入れて畳んで片付けて、ついでに破れているところを縫おうと思っても、最後の縫物を忘れてしまう。
例えば、畑で帰る時に鎌とバケツとくわとひもを持って帰ろうとすると体がフリーズする。

どうやら三つ以上は一度に出来ないらしい。ポケットにでも入れれば忘れてしまうし、若い時はこれらは出来ていたように思えるのだが最近は出来なくなってきた。まあ、今のところ実害はないが自分でもわかっているので無理をしないように一つ一つこなしていくようにはしているが。
気持ちはまだ10代か20代のつもりなのだが、確実に年月は経っているのですなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

餅つき機

2015年01月12日 | 日記
ウチはもち米も作っているのでお餅は自分ちで餅つき機で突く。機械を買ったのは10年以上前だったと思うが、使うのは年に2、3度程度。機械をセットするのが面倒なので使う時はまとめて突くようにしている。
年末、正月用の餅を突くため、餅つき機を出してセットして待つこと1時間。蒸しあがったもち米を突くために「つく」のボタンを押したが餅にならない。機械は動いているが突かないのだ。ゲッ!壊れた?このせっぱつまった時にオイオイ。新しいのを買うために検討しているひまはない。緊急で新しいのを買ってきた。しかしもち米は一晩ぐらい水につけなければいけない。予定がくるって次の日も餅つきになったとさ。
ところで先のもち米。機械を買いに言っている間に冷めてしまったので新しいのにもう一度入れて蒸して突いたら、やたらに柔らかすぎる餅になってしまいたぶん焼いたらドローと形を崩すに違いないので、煮餅として食べる為とりあえず冷凍室へ。そして新たに鏡餅用も突いたので、大量の餅が今年のノルマになってしまった。せっかく買った新しい餅つき機の出番はまた1年後ぐらいかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誕生日

2015年01月12日 | 日記
11日は私の誕生日でした。しかしながら年々つまらない誕生日になってきてるけど、今年は去年よりさらにつまらない何もない日でした。
とりあえず夕方に私の好物の寿司を食べに(回転ずし)行ったけど、もちろん車の運転は私。ダンナは隣に座っているだけ。寿司は美味しかったし、誕生日だから回転ずし屋のパフェを食べてそれも美味しかったからいいのだけれど、それ以外に行くところもないし、ダンナは人の話を聞いてるんだかどうだか会話もあまり成立しないし、車なのでアルコールはNGだし、もちろんプレゼントはないし。
まあダンナの誕生日でも特に何もしないしお互い様だけど、来年はさらに何もしなくなるかもしれない。おめでたい歳でもないし、別にいいけどちょっとさみしいかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新春

2015年01月05日 | 日記
皆様、あけおめ
どんなお正月を過ごされましたか?ブログ再開でござります。

私はまず年末。恒例のそば作りをする為、山芋を探しまくってました。姑から習った私のそばは山芋がなくては作れない。以前は畑に植えたりしていたのだが、ダンナはあまり上手に作れないので、返って高くついたりするから買うようにしたのだが、今回は理想通りの山芋が見つからず、「乾麺でもいいよね?」とダンナに言ったら「ダメ!」と却下され、やむなくヤマトイモで作ったがまあ同じ味で、山芋もヤマトイモもほぼ同じだということか?

で、大みそかは風が強くて寒くて桜島がごうごう鳴ってる中で年越し。灰の混ざった汚い雨が降る中で新年を迎えました。誰も来ないし、静かでいつも通りの正月でした。
いつも買う家庭用品の福袋をゲットして、3日にはもう仕事でした。お正月には福袋が欲しいが、服とか宝石とかはいらないし家庭用品が一番無難な感じでいつも買ってるが、袋の中身は鍋とか包丁とかだけど、うれしい…うれしいのだけど使い切れないのよね。置くところもないし二人だと今使っている鍋たちで十分事足りるし、鍋はそう簡単には壊れないし隣の姑宅には中古品が沢山ある。新しいのをおろす機会はなかなか来ない。リサイクル業者に売るっていうのも、じゃあなんで買ったんだてな感じだし、ううん、来年はどうしようかな?

しかし中年の子供のいない夫婦の正月ってつまらないなぁ。誰も来ないし(こちらからもいかないけど)遊びに行くようなところもないし、ハウスがあるので旅行に行くわけにもいかず、ただ酒を飲んでテレビを見てるだけ。初詣もダンナが神社の係をしているので年越しは毎年神社で過ごしているのでもう行きたくないらしい。
皆さんは楽しいお正月でしたか?

今年は何事も一生懸命して、理想を高く持って少しでも近づけるように頑張りたいです。
今年もよろしくお願いします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

重大ニュース

2014年12月28日 | 日記
年末になり今年の重大ニュースを考える。
月日のたつのが早い、早すぎる。年々早くなっていくようで、それこそついこの間、正月だったように思うのにもう年末っていう感じ。

今年は割と早くに春になり、台風接近で自主避難をしたりしたけど、これといった大きな災害につながることもなく、梅雨もそれほど長くなく、夏の暑さも何とか耐えれる程度だったし、米も豊作ではないがそこそこ食べていける程度はできたし、冬の訪れも遅かったし、これといって何があったわけでもない。だからこそ今年一年の出来事はあまり思い出せないほど、変化の少ない年だった。体調的にも、それなりの年齢で腰が痛い、肩が痛い、血圧が高いなどはあるが、更年期障害っぽかった体調も今年はあまり感じられず、ま、だからと言って絶好調というわけではないが寝込むほどではなかった。
月日のたつのが早いと感じるほど、苦しいことや悲しいこともなかったし、まあ楽しいこともなかったように思える。猫たちもまあまあ元気だし、問題がなかったことがありがたいと言えないこともない年だったかな?

しかし収入がいまいちで、野菜の何を作っても出来が悪く、ダンナはあまり熱心に仕事はしないし、ダンナのコントロールがどんどん難しくなっている。来年は作った野菜はすべて100パーセントの出来になるようにしたい。
来年の目標は貯金を増やして体重を減らす。これですな。

というわけで今年のブログは本日で終了です。訪問してくださった方、ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスプレゼントの思い出

2014年12月25日 | 日記
皆様、メリクリ
皆さんのところへはサンタさんからプレゼントが届きましたか?我が家にはどうやらサンタさんは来ることができなかったようです
そういやプレゼントに関する昔の思い出がよみがえる。

私には少々歳の離れた妹が二人いるが、その下の妹がサンタさんの存在に薄々気付き始めたころだから、たぶん35年ぐらい前かな?サンタさんに欲しい物を書いていたらしいが(多分おもちゃ)母が用意したものは、何故かしら違うおもちゃ。わざわざおもちゃ屋に行っているのに、わざわざ違うおもちゃを買ってくるなんて疑問だが、とにかく今年はこれで行くしかない。私が子供のころ、紙に欲しい物を書いて靴下と共に枕元に置いておいたが、朝起きると全く違うものが置いてあって非常にがっかりしたことがある。なので妹をがっかりさせないため、私は{今年は欲しいおもちゃがなかったのでこれで我慢してね。サンタより}という内容の手紙をつけてプレゼントを置いた。

後で妹が言っていたが、その手紙の文字は明らかに子供の字で、それも姉ちゃんの字だ。やっぱりサンタクロースはいないんだ、という結論に至ったらしい。
ま、現実を教えてやったと思ってあきらめてちょーだい
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加