きっとムーブ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

:公社債

2017-08-09 13:49:18 | 日記
銀行を意味するバンクは実はイタリア語の机やベンチを意味するbancoに由来である。ヨーロッパで最も歴史のある銀行はどこなのか?600年以上も昔の西暦1400年頃に富にあふれていたジェノヴァで設立され、政治にも深くかかわっていたたサン・ジョルジョ銀行なのです。
つまりMMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債や短期金融資産(償還まで1年以内)で主に運用される投資信託のことを言うのである。あまり知られていないが取得から一定期間(30日未満)に解約した場合、残念ながら手数料にペナルティが課せられるというものです。
保険業を行う者の業務の健全かつ適切な運営および保険募集の公正を確保することなどを目的とした保険業法の規定により、保険を取り扱う企業は生命保険会社か損害保険会社のどちらかになり、2つとも免許(内閣総理大臣による)を受けている者のほかは実施できないと規制されている。
「はやぶさ」の無事帰還が話題になった平成22年9月14日、日本振興銀行が破綻(民事再生手続開始)した。これが起きたために、ついにペイオフ(預金保護)が発動した。これにより、日本振興銀行の全預金者の3%程度、しかし数千人を超える預金者が、上限額の適用対象になったのだと考えられている。
英語のバンクはあまり知られていないけれどイタリア語のbancoに由来するもので、ヨーロッパでもっとも長い歴史を持つ銀行。15世紀に豊かなジェノヴァ共和国で設立され、政治的にも大きな影響があったサン・ジョルジョ銀行であると研究されている。
昭和48年に設立された日本証券業協会とは、協会員の株券など、有価証券の取引(売買等)を厳正、さらには円滑にし、金融商品取引業が健全なますますの発展を図り、出資者を保護することを協会の目的としているのだ。
最近増えてきた、デリバティブ⇒古典的な金融取引であったり実物商品・債権取引の相場変動で発生した危険性を退けるために実用化された金融商品の呼び方であり、とくに金融派生商品と呼んで区別することもある。
よく聞くコトバ、ペイオフについて。不幸にもおきた金融機関の倒産をしたことによって、金融危機に対応するための法律、預金保険法に基づき保護できる預金者(法人・団体も含む)の預金債権(預金保険法の用語)に、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度を指します。
中国で四川大地震が発生した平成20年9月に、アメリカの有数の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが経営破綻したことはご存じだろう。この経営破たんが歴史的金融危機のきっかけになったため「リーマン・ショック」と呼ぶようになったのが理由。
保険のしくみ⇒予測不可能な事故により生じた主に金銭的な損失に備えて、立場が同じ複数の者がそれぞれの保険料を掛け金として納め、整えた資金によって予測不可能な事故が発生した者に掛け金に応じた保険給付を行う仕組みということ。
ということは、第二種金融商品取引業者(一種業者とは取り扱い内容が異なる)が独自のファンドを作って、さらに適正に運営するためには、大変たくさんの「やるべきこと」、並びに「やってはいけないこと」が事細かに定められていることを忘れてはいけない。
15年近く昔の西暦1998年12月、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局として国務大臣を長と定める機関である金融再生委員会を設置し、官僚を長とする金融監督庁は2001年の中央省庁再編までの間、金融再生委員会の管轄下に約2年7か月整理されたということを忘れてはいけない。
ここでいう「重大な違反」なのかそうならないのかは、金融庁が判断をするものである。大方の場合、軽微な違反が多数あり、その作用で、「重大な違反」評価するのである。
知っておきたい用語であるMMF(マネー・マネジメント・ファンド)は、公社債や短期金融資産などで運用して利益を求める投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)のことを言うのである。取得後30日未満に解約するような場合、その手数料にはペナルティが上乗せされるというものである。
西暦2008年9月に大事件。アメリカの老舗投資銀行であるリーマン・ブラザーズの経営が破綻したのです。このニュースが世界の金融危機の原因になったため「リーマン・ショック」と名づけたという現実。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 上限対象適用の »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。