肩代わりから言う

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

その効果

2017-07-27 08:51:10 | 日記
名言「銀行の運営の行く末はその銀行に信頼があって順調に進むか、そこに融資する値打ちがない銀行だという見方をされて発展しなくなる。どちらかである」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏の言葉を引用)
知っておきたいタンス預金。物価が高くなっている局面では、価格が上がった分現金は価値が下がることを忘れてはいけない。たちまち暮らしに必要なとしていないお金⇒安全ならわずかでも金利が付く商品に変えた方がよい。
このことから安定的であることに加え活力にも魅力があるこれまでにない金融市場システムを作り上げるためには、どうしても民間の金融機関とともに行政(政府)が両方の立場で課題を積極的に解決しなければならないと言える。
ご存じのとおり、第二種金融商品取引業者(第一種業者も当然だが)がファンド(投資信託などで、資金の運用を代行する金融商品)を作り、適正に運営するためには、シャレにならないほどたくさんの「やるべきこと」、逆に「やってはいけないこと」が事細かに定められていることを知っておきたい。
【用語】保険:突然発生する事故が原因の財産上(主に金銭)の損失に備えて、立場が同じ多数の者が一定の保険料を出し合い、集まった積立金によって突如発生する事故が発生した際に保険金を給する制度ということ。
今後も、わが国内で営業中のほとんどずべての銀行では、既にグローバルな市場や取引など金融規制等が強化されることも視野に入れて、財務体質等の一段の強化、合併・統合等を含めた組織再編成などまでも積極的な取り組みが始まっています。
北海道拓殖銀行が破綻した翌年の1998年12月、旧総理府の外局として委員長は国務大臣とされた新たな機関、金融再生委員会を設置し、金融監督庁(のちに金融庁)は平成13年1月に金融再生委員会が廃止されるまで、その管理下に2年以上も組み入れられたのです。
【解説】外貨預金とは?⇒銀行が取り扱っている外貨建ての商品のことで、外貨で預金するもの。為替の変動による利益を得られる可能性がある反面、同時に差損が発生するというリスクもある(為替リスク)。
確認しておきたい。外貨預金について。銀行で取り扱う商品の一つの名称。外国の通貨によって預金をする事です。為替変動によって利益を得ることがあるけれども、同時に損をするというリスクもある(為替リスク)。
ゆうちょ銀行(JP BANK)が取り扱っている一般的なサービスは民営化前からの郵便貯金法での「郵便貯金」の扱いではなく、銀行法(昭和56年6月1日法律第59号)の規定による「預貯金」に準ずるサービスです。
損保会社の業界団体である日本損害保険協会は、日本国内における損害保険業全体の正しく適切な発展そして信用性を伸ばすことを図ることで、安心で安全な社会を形成することに寄与することを協会の目的としているのだ。
銀行を意味するバンク(bank)は実はイタリア語のbanco(机、ベンチ)という言葉が起源である。ヨーロッパ中で最古の銀行。それは15世紀の初め現在のイタリア北部のジェノヴァで設立したサン・ジョルジョ銀行という説が有力だ。
西暦1998年6月、旧大蔵省銀行局や証券局等が所掌していた業務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係る部分を分割して、当時の総理府の新外局として旧金融監督庁を設けることになったという歴史がある。
この「銀行の運営、それはその銀行に信頼があって発展する、もしくはそこに融資するほど値打ちがない銀行であるという見方をされてうまくいかなくなる、このどちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの有名な言葉)
いわゆる金融機関の評価って何?信用格付機関(ムーディーズなどが有名)が金融機関を含め国債を発行している政府や、社債などの発行会社などに関する、債務の支払能力などの信用力を一定の基準に基づいて公平・中立的に評価するものである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 事故が発生保険金 »

日記」カテゴリの最新記事