元北大生が、独学で英語脳を作り上げた勉強法

2000時間以上の独学で身につけた、英語学習のコツを教えます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

TOEICで600点を達成するための邪道な方法【裏技・テクニック】

2016年12月24日 | 日記

こんにちは~、REOです。


 


今日は肩の力を抜いて、


TOEICのちょっとしたテクニックを書いてみようかと。


 


今から紹介する方法は、


実際に僕がつかって600点を取った方法です。


 


当時は英語力もまだまだ未熟だったため、


600点でもまあまあなレベルでした。


 


まともな英語力だけだったら、


多分500点程度だったはずなので、


テクニック1つでだいぶ変わりますね。(笑)


 


 


もし短期間ですぐにでもスコアを上げたい人は、


ほんとに試験の受け方を変えるだけでも点数伸びるんで、


知っていおいて損はないはずです。


 


 


で、まあ簡単にいうと、


「ひっかけ問題の裏をかく」方法です。


 


試験という性質上、


絶対にひっかけ問題になるようにできているので


当たり前のように回答が絞り込めてしまいます。


 


いくつか例を紹介しますね。


 


●類似発音が聞こえたらアウト


たとえば、電車の写真があったとします。


このとき読み上げられる選択肢の中に、


「Rain(雨)」という単語が聞こえたら、


その選択肢は不正解です。


 


Rain(雨)ーTrain(電車)の似たような発音で、


受験者をひっかけるための罠です。


 


●同じ単語が聞こえたらアウト


続いてpart2の応答問題。


読み上げられた質問と選択肢の中に、


同じ単語がでてきたら、それは不正解となります。


 


質問のなかにsoccerという単語が聞こえて、


選択肢の一つにもsoccerという単語が出てくるものがあれば、


これは明らかなひっかけなので気を付けましょう。


 


 


こんなかんじで、


知ってるだけで選択肢はかなりはじけます。


 


もしかすると「そんなの常識だ!」と


すでに知っている人もいるかと思います。


 


けど、意外と、これを知らずに


素直に問題を解いている人も多いので、


改めて認識しておきましょう。


 


ちなみにこの法則は絶対です。100%です。


深く考えずに、ひっかけがきた瞬間に、


「これは不正解」というのを徹底してください。


 


 


TOEICのスコアが600以下で悩んでいる人は、


まず何よりもこの法則を理解することですね。


 


邪道と言えば邪道ですが、


単純にスコアを伸ばすという意味では、


やらない理由がないとも言えるので^^;


 


友達に教えてあげても喜ぶかも知れません(笑)


 


 


というわけで、今日は


軽い感じで本当の英語学習とは


少し離れた話題をしてみました。


 


さすがにTOEICで800点900点と狙っていくには、


それなりの英語力をつけていく必要があります。


 


もちろんそれは、


独学で正しい勉強法を続けていけば、


誰でも達成することができますよ。


 


僕は常に、基準をネイティブが普段話すスピード、


表現を意識して学習することが最重要だと考えています。


 


それが英語学習の1番の近道だし、


一生使えるスキルとなるからです。


 


TOEICのスコアに関しても、


ネイティブを意識した方が絶対に伸びます。


 


 


僕は『英語脳』を作るため、


独学で2000時間以上磨いてきました。


 


興味のある方は、


こちらも参考にしてみてくださいね。


⇒独学でネイティブ英語を身につける方法


 


ではではー。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英語の速読のコツは良質なイ... | トップ | デブの語源は?デブには英語学... »

日記」カテゴリの最新記事