レンコンの部屋

日常の感じた事など

エンゼルケアの講義

2017-03-30 11:05:57 | 日記

私はここ数年毎年のようにエンゼルケアの講義を引き受けている

はじめは平成21年にエンゼルケアの研修を受けて、実践し始めてから、

前の病院で数回に分けてエンゼルケアを導入してほしくて講義を行ったけれど

今の病院に来てからも何回もそれこそ広めたくて講義を行なってきました

4年位前からだったか卒後教育の一環として新人向けに行ったのがブレイクのきっかけで

今の病院でもやっと一昨年当たりからエンゼルケアを意識してはじまっています

具体的に言うと、家族参加型の死後ケアですね

家族とともに亡くなった患者さんをまだ生きている時と同じように声をかけながら

その人の最後のケアとして行っていくというのがエンゼルケアです・・・

昨年はエンゼルケアについてのコラムも病院の広報誌に連載させてもらいました

先日は2週にわたり併設する老健施設の職員に向けて

今後はその施設でも看取りを行うということで依頼を受け講義を行いました

いつもより短めの45分から1時間程度の研修ですが、毎回反応が面白くてやっててよかったなーって思います

1人でも関心を持っていただき、ここで最期を迎えることができてよかった思ってもらえるような

そんなケアのお手伝いができたらと思っています

また今年も新卒の研修を頼まれています

まあ、スライドは同じものを使っても参加する人が違うのだから問題はないともうのですが

なんとなく、少しは内容もスライドも進化していきたいなと思って、これから少し手直しをしようと考えています

定年を意識しながらも、今自分がみんなに残せることを一生懸命考えて

一つ一つの仕事の向かいたいなと思っています

病棟も一新して、気分も新たにという気持ちです

昨日も朝方雪がふぶいていて、春なのにこれが名残雪なのかなーって思いましたが

確実に春に向かっています

4月に講義はどんな若い新人さんと出会うことができるのか楽しみです

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 突然の別れ | トップ | 自宅のリフォーム »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-03-31 22:33:55
エンゼルケアは、医療保険の対象外ですよね。自費になるのですか。また、深夜帯など人手の少ない時に、相次いで亡くなる方が出た場合や、急変があったりで非常にバタバタしている時などにはどう対応していますか。
Unknown (レンコン)
2017-04-08 16:06:48
私の病棟ではシャワー浴をして帰る方がほとんどなので、夜間の時間で亡くなっても、シャワー浴を希望される場合は、冷却をして口腔ケアを行なった状態で朝まで待っていただき、日勤の人が出勤してからシャワー浴を行います。ただ、夜間帯でもすぐに帰りたいという方は、シャワー浴ではなく、清拭で手浴や洗髪などできるケアを家族の方と一緒に行います。ほとんどの方はそれまでの付き添いや心労で少し休みたいという気持ちもあり、夜間帯は休んで翌朝のケアを希望される方が多いですね。全室個室でもありますので、亡くなってもすぐに帰ってくださいという感じではないので家族の方も疲れが少し癒されるのではないでしょうか。以前は無理して夜勤帯で行っていましたが、私たちもほかの患者さんのケアが手薄にもなるし、ほかの病棟から人手を借りるということも違う気がして今の状態で落ち着いています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。