Kakuma News Reflector 日本語版

カクマ難民キャンプの難民によるフリープレス
翻訳:難民自立支援ネットワークREN
著作権:REN(無断引用転載禁)

2016年2月号 編集長からの手紙

2016年04月19日 | 編集長からのメッセージ
愛なるKANERE読者の皆さま この号は、読者の皆さまが理解しやすいように、密度の濃い有益な内容を提供するという私たちの基本的原則に則っています。 まずお詫びしたいのは、2015年のKANEREの発行が長いこと滞ったことです。効果的な報道をするには資材が必要ですが、その資材を調達する資金が足りなかったからです。こうした資金なくして、組織の円滑な活動はできません。 . . . 本文を読む
コメント

2016年2月号 今月号からの引用

2016年04月19日 | 今月号からの引用
「大型トラックがスピードを出しながら誤った方向にターンしたため、事故が起きた」 ――目撃者オバンがKANEREに語った言葉 / 「カクマ3で交通事故」より . . . 本文を読む
コメント

2016年2月号 過失による子どもの死亡事故

2016年04月19日 | 健康
トゥルカナ族の子ども、カクマ診療所の不十分な薬剤管理が原因で死亡 2016年1月16日の午後2時半ごろ、カクマ居住区のウィナス診療所で、マラリア治療中の子どもが死亡した。住民たちは、診療所の医師が業務上の義務を怠ったことが原因だと非難している。 . . . 本文を読む
コメント

2016年2月号 カクマ3で交通事故

2016年04月19日 | カクマタウンとケニア
人道支援活動車が事故に巻き込まれ中学生が死亡 2015年11月3日午後6時35分、キャンプ3で痛ましい事故が起きた。UNHCRの大型トラックが、スピードを出して走行しながら予想外の方向にターンしたせいで、オートバイに衝突し、難民の中学生を死亡させてしまった。 . . . 本文を読む
コメント

2016年2月号 平和協定の署名 by カバタ・ボル

2016年04月19日 | 最新ニュース
2011年、南スーダンは何十年にもおよぶ戦争を経て独立した。しかし現状では、行政は法律を守っていない。2013年12月以来、一定の民族を標的とした暴力行為が行われている。 . . . 本文を読む
コメント

2016年2月号 難民、強盗から銃を取り上げる

2016年04月19日 | 最新ニュース
ダルフール出身の難民男性が、カクマのトゥルナカ地域の特定住民からAK47ライフルを取り上げた。 . . . 本文を読む
コメント

2016年2月号 強盗団によるレイプ

2016年04月19日 | カクマタウンとケニア
カクマキャンプの難民女性が強盗団に襲われ、夫の前でレイプされた。 ソマリア難民の家族が恐ろしい夜襲にあい、二人の子供の母が、夫の前でレイプされた。 . . . 本文を読む
コメント

2016年2月号 洪水で4人死亡

2016年04月19日 | カクマタウンとケニア
カクマゾーンのナコヨ川の氾濫により4人が死亡した。 事故は2015年12月8日、カクマとロキチョキオを結ぶ道路で起きた。カクマ難民キャンプのセクション4に向かっていたトヨタプロボックス車が、氾濫している川を強引に渡ろうとし、橋の半ばまで来たときに、荒れ狂うエルニーニョの巨大な波に襲われた。 . . . 本文を読む
コメント

2016年2月号 新しい食糧配給メカニズムのジレンマ

2016年04月19日 | 人道支援
バンバチャクラ(電子マネー)の導入により携帯電話を持たない脆弱な難民は金券をもらえなくなっている。 . . . 本文を読む
コメント

2016年2月号 コミュニティの声:バンバチャクラの導入

2016年04月19日 | 人道支援
KANEREはカクマで食料援助を受けている人たちに「みなさんは国連世界食料計画(WFP)によるバンバチャクラ導入をどう思いますか?」と聞いてみた。その答えは、キャンプ内の新しい食料分配システムに関する世論を表している。 . . . 本文を読む
コメント

2016年2月号 難民キャンプの新たな取り組み

2016年04月19日 | 人権
難民危機に対して、もう少し現実的な取り組みが採用されていれば、この悲劇的なシナリオは回避できただろう。 . . . 本文を読む
コメント

2016年2月号 「難民」という言葉 by アディス・アズナト

2016年04月19日 | 寄稿
ある日、私が受け持つ中学部の英語クラスの生徒に、「beauty」という英単語を知っているかと尋ねた。彼らは知らないと答えた。「それじゃあbeautiful は?」と聞くと、今度は「知ってる!」と皆一斉に答えた。次に、私の一番近くにいる生徒に、いつからこの言葉を知ってるのと尋ねると、少し間を置いて、5年くらい前だよと答えた。 . . . 本文を読む
コメント

2014年12月号 編集者からの手紙

2015年03月21日 | 編集長からのメッセージ
前号の発行から2ヵ月が経ったところですが、若干ながらカクマに関する重要な記事を再びお送りいたします。 カクマではここ数ヵ月の間、非常に悲観的な出来事が起きましたが、それに対する解決策は容易には見つかりません。主にディンカ族と南スーダンのヌエル族の間で、まるで火山の爆発のように、コミュニティー間の暴力が勃発し、その後、暴力は他の民族にも拡大していきました。それは破壊的で、悲しいものでした。このキャンプでは先例のない、ひどい殺し合いでした。20人以上が殺され、何百人もが負傷し、そして、数千人が強制退去させられました。この号では、殺人と暴力を明らかにすることに焦点を当て、深く探求した記事を載せています。 . . . 本文を読む
コメント

2014年12月号 今月号からの引用

2015年03月21日 | 今月号からの引用
「どの人権NGO団体も実際に起きた殺害行為を正確に記録しているとは思えません。6人の難民が殺され、多くの人たちが大湖コミュニティーに住めなくなりました」 ――コンゴ人の人道支援活動家 / 「カクマでの激しい戦闘で20人が死亡」より . . . 本文を読む
コメント

2014年12月号号 カクマでの激しい戦闘で20人が死亡

2015年03月21日 | コミュニティーとカルチャー
カクマ難民キャンプで勃発した争いで、少なくとも20人が死亡し多数の負傷者が出た。 南スーダンで争っているディンカ族とヌエル族という大民族の間で起きた戦闘で、少なくとも20人の命が奪われた。これら2つの民族集団は自分たちの居住ブロックを出て民族ごとに集結し、白昼に公然と闘争行為をしてキャンプ内に戦闘を広めている。この民族グループ同士の争いは、南スーダンで現在起きている危機を反映したものだ。 . . . 本文を読む
コメント