希望屋 ~ren_ka ci=set~


"がちゃん"(季節の歯車が回る音)

リッジレーサー6

2011年07月15日 19時38分12秒 | ▼ビデオゲーム

SFCの頃から「スターフォックス」シリーズが好きなren.です。
3DSで「64」がリメイクされましたね。
私はハードをもっていないので、今回はとりあえず見送り。

代わりに店頭でフライヤーをもらってきましたが、最後のページにシリーズプロデューサーの今村さんの筆による、アーウィン(スターフォックスの自機)のイラストが載っていました。
やっぱりこの人のイラストは、独特で好きだなぁ。
世界観やキャラクター的に、アニメ向きだと思う。

 

さて、今回もワゴンで買ったゲームを。

● 「リッジレーサー6」 XBOX360(2005)ナムコ
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/75/5b/22d7b138d0e26bc71038e7ab93b342d6.jpg?random=5b2d9cfc7ab2f0d650136fbec6c6ed79

各ハードのベンチマーク的なレースゲーム。
リアルなシミュレーション化をたどるドライブゲームシーンの中で、いまだにゲームとしての立場をとり続けているシリーズでもあります。
ほとんどのコーナーをドリフトでカニ走りしようが、公道レースなのに派手なジャンプがあろうが、空力もメカニック的な構造も無視した車のデザインだろうが、ドリフトするとニトロがたまる謎システムだろうが、遊んでいて面白ければOK。

このシリーズも私は好きで、持っているハードのものの大半は遊んでいます。
特に好きなのはPSの「レイジレーサー」と「R4」。
坂道コースが多かったり、車体のエンブレムがドットで描ける「レイジ」。
ストーリーモードがやけに泣かせてくれる「R4」。
どちらも、遊びすぎてネジコンを壊したほど(w

「6」では、レースをクリアすると陣取りゲームの要領で、新しい車などのボーナスがもらえるという、「リッジユニバース」なるコースセレクトシステムが一人モードのメイン。
コースは、基本15マップでルート違いと逆走バリエーション。
いくつか特徴的なコースもありますが、あまり走っていて面白いコースはない印象。
なんか、ドリフトさせようさせようという魂胆が見えるコースばかりで。
いくつかの急勾配のあるコースが、その中では面白いかな。

まだ序盤しか遊んでいませんが、難易度はそこそこ。
CPUに勝てないときはあまりマシン性能は関係なく、自分に問題がある場合がほとんど。
コンティニューにペナルティはないので、ドリフトとグリップの使い分け、ニトロの溜め方と使い方を変えて、走り方を合わせていけば大丈夫。
まあ、たまに「なんでそこでニトロが2段階溜まってる!!」というCPU車がいて、腹たつこともあるけど(w

細かいところだと、リプレイにブラーがかからないのが残念。
きれいな映像もいいけれど、あの光がにじ流れるブラー付きのリプレイが好きだったんだけど。
まあ、低解像度なりの工夫だったともいえるからなぁ。

シリーズお約束どおり、マシンや背景の看板などには、ナムコの歴代ゲームのタイトルやキャラクター名などが、コーポレート(風)デザインされて描かれています。
マシンのステッカーはちょっと細かすぎて、なにが掻いているのか判別出来ないものもあって残念。
空港マップの旅客機のデザインが、特に面白い。
「太鼓の達人」のラッピングとかはかわいいけど、「エースコンバット3」の航空会社のロゴデザインは、かっこいいけど不吉だぞ(w

ACEといえば、今回もオープニングに登場の長瀬麗子。
つい先日「エースコンバット5」をやり直していたため、ちょっと違和感(w

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日のいろいろ雑記 | トップ | 今日のいろいろ雑記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。