希望屋 ~ren_ka ci=set~



八重歯との別れ

DX3・リプレイ・トワイライト

2011年05月04日 20時26分46秒 | └TRPGリプレイ

GW、友人の送り迎えに車を運転したren.です。
実に3年ぶり。
怖い怖い(w
ほんの15分の行程に、胃が縮まりましたよ。

久々といえば、ファミ通を買いました。
こちらは5年ぶりかな。
SEGA特集だったので、SEGAファンとしては買わざるを得ない。
実に56ページにも及ぶ特集は、なかなかの濃さ。
にしても、SEGA黎明時代からメガドライブ時代のクリエイターさん達も、お年を召したこと。
でも、一番年を感じたのは、ブンブン丸と新宿ジャッキーかな(w

 

 ● 「ダブルクロス・リプレイ・トワイライト 帰ってきた快男児」
         田中天/F.E.A.R. /富士見ドラゴンブック
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/19/b1/c570e046b0bd2eaa234d63c72418cd61.jpg?random=0044a7e6aecf4f8a46752ab1f1575369

DX2時代の人気リプレイ「トワイライト」が、DX3で帰ってきた!!
時は1938年、旧版2巻と3巻の間に、新大陸アメリカを襲うナチスの陰謀!
運命と宿命によって終結した大悟ら4人は、強敵と対峙する!
その名も猛き、ナチスの超人レスラー、ナチ・マスカラス!!
彼の手から、ドイツ人ハリウッドスター、マレーネ・ティートリッヒを守り抜るのか?!

というわけで、PC・PLの面々は「トワイライト」シリーズと同じ。
もちろんGMは天さん、挿絵はしろー大野さん。
……というか、この顔ぶれじゃなきゃ、「トワイライト」とはいえないよね。

上述したとおり、今回のヒロインは歌姫、マレーネ・ディートリッヒ。
となると、この名が分かる人なら、物語の終わりに何があるか予想できるはず。
その期待は裏切りません(w

そして、刊行前よりその名だけは(天さん自身によって)リークされていた、ナチ・マスカラス。
こちらも終盤に、期待通りのキャラが登場します。
バックドロップ一発で存在感を出せるところ辺り、さすが(これで分かれば、十分プロレスファン)。

ナチ・マスカラス自身は、もちろんドイツ出身……名前はメヒコ風だけど(w
体格は重量級ながら、ヘッド・シザースやラ・ケブラーダといった飛び技から、逆卍固め(鍵十字固め)といった技巧系も使いこなす。
ヨーロッパ流キャッチレスリングではなく、もちろんルチャ・リブレ……というわけでもなく、現代風ストロングスタイルをも感じさせる上、マイクパフォーマンスもこなすショーマンシップなファイトスタイル。
いざ超人戦ともなれば、どのような攻撃も鋼の肉体が"受け"とめる。
むしろこいつがアメリカンドリームを成し遂げるべきだと思う(w

ちなみに、女子プロレスは、1930年代末期に始まったと言われています。
それ以前はキャットファイトとして酒場の出し物だったとも。
当時は男子プロレスの前座として、客を"温める"ために使われていたようです。
日本には太平洋戦争後、進駐軍が"男子プロレスより先"に持ち込んだものだそうですよ。
そんなわけで、「トワイライト」的には、リング上の女子プロレスの元祖は○○○ということになりますね。
わぁお(w

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日のいろいろ雑記 | トップ | 今日のいろいろ雑記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。