手抜かり 老老介護

2007年、56歳の時アルツハイマー病と診断され、
現在、言葉も失い要介護度5。
在宅介護10年目の日々を綴ります。

目が合った

2017-07-16 20:35:11 | 妻の症状


  4:00前に目が覚めたが

  我慢して起きなかった。


  妻は眠っている。

  最近は寝ていても右傾が強く

  首だけ曲がって

  枕からはずれそうになっている。


  6:00前に目が覚め

  妻を見ると目を開けていた。


  ベッドの右側に行き、

  目を見て声をかけると目線が合った。


  久しぶりだ。


  だが、「お前は誰だ」というような感じで

  ニコリともしない。


  すぐ目を合わせなくなった。

   
    
  ☆ 9:00 妻を起こして

    パット交換すると。


    少し出ていた。

    昨日、13:00前に下剤を飲ませたが

    予定より早めに効いた。


    トイレに連れて行く。


    妻を支えながら腰を落として歩くのは疲れる。

    トイレに着くと汗が出ていた。


    座らせて

    背中から腰をさすってやると

    続きが出てくれた。


    作戦が成功した感じでいい気分。

    量は多くなかったが良しとしよう。



    ☆ ずっとシャワーだけだったが
     
      今日は湯船に入れた。


      脱輪するのでバスリフトを

      腰あたりで止め、肩からお湯をかけてやる。


      右傾とヨダレは風呂でも変わらず。


      寒さを気にしなくていいから

      上がってからも気が楽だ。


      ソファーに座らせ、

      ポカリを飲ませると

      やがて眠り始めた。


      1時間後、目を覚ましたので

      用意していた夕食をすばやく口に入れる。


        ・カマンベールとバナナのミックスペースト

        ・牛乳


      少しだけ食べると再び眠りに入ってしまった。

      
      低栄養かな。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イソジンの効果は | トップ | 誤嚥か単なる咳か »

コメントを投稿

妻の症状」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。