手抜かり 老老介護

2007年、56歳の時アルツハイマー病と診断され、
現在、言葉も失い要介護度5。
在宅介護10年目の日々を綴ります。

いつか来るその日

2016-09-15 22:49:11 | 日記


デイの日。


   今日は歯医者は無し。


   ドラッグストアの

   シニア割引デーなので

   パット、オムツを買う。



  ☆ 次はホームセンター。

    トイレのリモコンが具合悪いので相談。


    ウオッシュレットは作動するが

   「流す」を押すと電気が切れてしまう。

    今は手動で流している。

   
    最初は、業者が様子を見に来る

    段取りだったが、

    後で電話が入り、

    故障内容がメーカー対応に

    なるというので、

    直接連絡してほしいとのこと。


    とりあえず、手動でも「流す」ことができるので

    まあ、急がないか 。



    ☆ ウォーキング。


      いつもの痛みに加えて、

      今日は左薬指の内側が切れていた。


      パックリと5mmほど切れている。

      以前にもあったのだが原因はなんだろう。


      皮膚の問題なんだろうか。


      これも加齢のせいか。


      久しぶりのいい天気。

      遠くの山々の稜線が

      はっきりと見える。


      トンボが飛び交っている。


      堤防の内側の田んぼも

      黄色みを帯びてきた。


      丁度お昼時間だったせいか

      ゴルフ場は一組だけ。


      堤防もすれ違ったのは一人だけ。


      足が痛かったので

      本当に普通の散歩ペース。



      ☆ スーパーから家に戻って

        妻を迎える。


        前傾が強かったという

        報告を受ける。


        そのまま、強い前傾が

        寝るまで続いた。 


        夕食は鉄火巻き。

        妻用に、

        マグロをほじくり出して

        すり鉢で潰す。

        他に、バナナヨーグルト。


        前傾が強く

        ままならない。


              
     ☆  訪問診療をすっかり忘れていた。


        妻がデイから戻って30分後、

        ピンポンが鳴って

        慌てて部屋を片付けた。


        玄関のスロープも

        そのままだった。


        午前までは覚えていたが、

        トイレの件でバタバタ

        したりしているうちに 

        すっかり頭から消えてしまっていた。


        俺も、本当にアブナイか…。



        先生に、前傾の強い状態を見てもらった。

        
        今朝まではこんなではなかったが

        デイでも強かったらしいと説明する。


        ソファーから立たせて

        ふらつく様子も見てもらう。


        先生から、食事の量を尋ねられる。


        たぶん、大人の茶碗半分くらいだと思う、と

        答える。


        口を閉じると

        それ以上無理はしないと答える。


        先生からは、

        これから

        量が減ってくるかもしれないが

        受け入れるしかないと思う、


        と言われる……。

        


               



      
      




    

   
    



   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイナス 2cm | トップ | 前傾で車椅子 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。