手抜かり 老老介護

2007年、56歳の時アルツハイマー病と診断され、
現在、言葉も失い要介護度5。
在宅介護10年目の日々を綴ります。

知力の限界!

2017-03-06 16:01:46 | 日記

  千代の富士は引退会見で

  「体力の限界!」と悔しさを

  にじませて話した。


  私は

  「知力の限界!」だ。


  今朝、新しいパソコンに

  電源を入れたが、風景写真が画面一杯に

  映っているだけで他に何もない。

  
  取り付く島もない、とはこのことか。

  お手上げだ。

  あきらめた。


  業者に「SOS」の電話をすると、

  午後には来てくれた。


  さすがプロ。

  1時間足らずで完了。

  
  途中、プロバイダのパスワードを訊かれて

  はたと困った。


  何しろ9年前の書類だ。

  別の部屋の本棚を10分ほど探して

  やっと見つけた。

  
  それを入力すると、

  後は、あっという間だった。

  
  約15,000円。

  
  痛いことは痛いが、

  夜も眠れない精神的苦痛を考えれば

  仕方がない。

    
  知力、体力、精神力、

  やる気、根気。


  すべてが衰えた。


  まずはホッとした。



☆ 7:00 36.6度。

    下がって良かった。


    昨日は結局、

    夕方からずっと前傾が強いまま

    眠ってしまったので

    身体を拭くことも諦めた。


    食事も思うように食べさせられなかった。


    1日おきに飲ませることになっている

    感染症を防ぐという苦い錠剤も

    半分くらい残ってしまった。


    22:00 過ぎ、ベッドに移した。


    夜遅く食べさせることに迷ったが

    ほとんど食べていないので、  

    ベッドを70度近くまで起こし

    プリンとポカリを少しだけ口に入れた。


    プリンは左手で大丈夫だったが

    ポカリは妻の右側に廻り、

    右手で飲ませた。


    「プロフェッショナル 看護師 小山珠美」を

    録画保存しているが、

    その中で、小山さんは普段から

    左手も自由に使えるように訓練し、

    その結果、右手と同じように使えるようになったという。


    私も真似してみたが、

    例によってすぐ諦めた…。


  
 

     
     

  





  

  


  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 納豆がこぼれる | トップ | とっさに手が出たが »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。