手抜かり 老老介護

2007年、56歳の時アルツハイマー病と診断され、
現在、言葉も失い要介護度5。
在宅介護10年目の日々を綴ります。

イソジンの効果は

2017-07-15 21:21:43 | 妻の症状


イソジンを綿棒で塗ったが

   今日も少しだが血がヨダレに混じっていた。


   もう少しイソジンで頑張ってみるか。


   元はといえば俺の口腔ケアに問題があったせいだ。


   ☆ 連日の30度越え。

     2週間くらい続いている感じだ。


     昨日は、冷たいサイダーをキューッと飲みたい欲求に

     かられたが、買うのを忘れてしまった。


     中毒患者みたいに

     代わりに、ポカリ、牛乳、甘酒などを

     手当たり次第ガブガブ飲んだ。


     冷蔵庫のきゅうりも2本、

     味噌マヨで完食。
   
     
     お陰で体重が増えた。


     測るだけダイエットをやり始めて8日目だが

     以前のようには減ってくれない。


     以前は一晩寝れば1㎏減ったものだが

     今は500gしか減らない。


     睡眠時間が短いことも関係あるかもしれない。

   
     いや、食べ過ぎに尽きるんだろう。

    
    
    ☆ ヘルパーさんが13:00から14:30までなので

      ウォーキングも暑い時間になってしまう。


      パークゴルフ場は一組だけだ。

      みんな午前中に終わってしまったのだろう。


      野球場では上半身裸の男が外野でゴルフの練習だ。


      私の前を二人の老婆が歩いている。

      元気なもんだ。


      折り返してしばらくすると

      向こうから二人のランナーが来た。


      私は近眼だが邪魔なので運転以外は眼鏡をしない。

      度のないサングラスなのでよほど近づかないと

      男女の別さえもよく分からない。


      一人の男性のすぐ後を奥さんが

      くっついて走っているように見えたが

      そうではなかった。


      奥さんに見えたのは、

      目が不自由と思われる

      やや太めの男性だった。


      伴走のランナーと紐で結んで

      走っていたのだった。


      「ランスマ」で観て知っていたが

      実際観るのは初めてだった。


      けっこう速かった。

      
      もう走れなくなった俺にとっては

      お二人とも凄い。  


      
      
        


        

             



      







      

      
      
      
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだ血が | トップ | 目が合った »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。