手抜かり 老老介護

2007年、56歳の時アルツハイマー病と診断され、
現在、言葉も失い要介護度5。
在宅介護10年目の日々を綴ります。

心電図と採血

2017-06-16 22:30:51 | 日記


   昨日、胸の違和感を先生に話したら

   早速、看護師さんと言語聴覚士の2人が

   来週の予定を繰り上げて来てくれた。


私は、妻のベッドに横になり、

   心電図と採血。


   心電図の結果をスマホで先生に送って見てもらうと、

   異常は見られないという。

   一安心。


   妻の方は、

   言語聴覚士の方が

   口角を上げたり、目尻を上げたり、

   喉に聴診器を当てて聴いたり

   いろいろやってくれる。


   それと、液体を飲ませる時、

   紙コップの鼻に当たる方をU字形にカットすれば

   飲ませやすいという方法を教えてもらった。


   そういうコップが介護用品として売っているという。


   確かに、牛乳やジュースを飲ませるとき

   鼻が液面に着いてしまうときがある。


   なるほど、と納得。

   試してみよう。
   

   いろいろ勉強になる。


   その後、いつもの点滴をして終了。




   ☆ 明日はいよいよシビックとお別れだ。


     きれいに拭いてやる。

    
     かすり傷があちこちにある。

     ナンバープレートのネジが錆びている。

     タイヤのホイールカバーは

     メッキがはがれている。


     スペアタイヤは出番が無かった。

     バッテリーは1回交換している。
     
      
     しまった。

     ガソリンが満タンに近い。

     震災以来、15リットルくらい減ると

     すぐ満タンにする習慣になっている。


     それが先々週のことだった。

     まだ目盛りの針が満タンを指している。


     俺としたことが

     なんたる手抜かり。


     まあ、いろいろ思い出の詰まったシビック。

     ご苦労さん。

     ありがとう。


     
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 狭心症? | トップ | 今日も2回 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。