青少年育成連合会 | 日本の未来を【夢と希望に満ちた国】にする為に日本人の心に訴えたい
子どもは日本国の宝|私たちは【子どもをいじめと虐待、性犯罪から守る】為にあらゆる方法を講じ解決にあたります




K・T質問

Q1:事務局長に質問です。ネット犯罪が年々酷くなってきて、今回上の記事にも書かれていますが、石川県が初のネット監視チームを作ったとありますが、この記事を見て事務局長はどう思いましたか

A:当連合会もネット犯罪について、散々前から危ないと訴えてきましたが、あまり理解をしてもらえないのが現状でした。
危ないとわかっていても、どのようにしたらいいのか?自分が被害に遭うわけがないと思っているのか、良く判りませんが、重い腰を上げてくれませんでした。
今回の石川県のネット監視チームを作った事は「いまさら」という感じを受けますが、しかしこれをきっかけに他県もネット犯罪に目を重点的に持つようになるのではないでしょうか。
神奈川県も各団体ネット犯罪の監視に力を入れて頂きたいと、思っております。
当連合会もネット犯罪の被害に遭わない為に、各施設でセミナー(講演)「被害に遭ったらどうすればいいか」「被害に遭わない為には、どうすればいいか」「防衛策はどのようにすればいいのか」等を開きます。
ご要望、ご依頼等は連合会まで連絡して下さい。

Q2:ずばり聞きますが、この問題を無くす為にはどのようにしたらいいのか、教えて下さい。

A:かなり難しい質問ですが、悲しい事ですがネット犯罪は完全に無くならないと思います。
しかし、完全にはなくならないにしても、当連合会は完全撲滅の為に県、市、他団体と連携し頑張っていきたいと思っています。
上の記事は石川県ですが、他県も積極的に講演等を開き取組んでいます。
以前、静岡県の教育委員会から頂いたメールの一部を紹介致します。

 静岡県教育委員会では、出会い系サイト、架空請求、学校裏サイト等の青少年にとって有害な情報から、青少年を守るため次のような事業を実施しています。

(青少年を取り巻く有害情報環境講座の開催)
 平成17年度から19年度までの3年間「おとうさんおかあさんのための情報環境講座」を実施しました。この講座では小・中学生のお子さんを持つ保護者がインターネットへの理解が不十分であったことからネット社会の現状やインターネットを活用する場合のマナーやフィルタリングソフトの導入など安全な利用対策を学習してもらおうと実施し、3年間で約3千人が受講していただきました。
さらに本年度から、小・中学校のPTA等を対象に、県内50ヶ所で、「青少年をめぐる環境整備のための緊急対策事業」という事業を実施しています。
この事業では、携帯電話をめぐる危険性や最近の事件等を説明するだけでなく、「子どもから携帯電話がほしい」、「子どもから、友達みんな携帯電話を持っていて、持っていないのは私だけ。仲間はずれにされる」と言われた時などのケースを想定し、親が子どもとどう話し合ったら良いか、演習を交えて学んでいただいております。
(携帯電話所持率等について)
 県教育委員会では、平成20年9月に小学校6年生、中学校2年生、高校2年生の保護者に対し携帯電話に関するアンケートを実施しました。
 その結果、携帯電話の所持率は、小学6年生で15.7%、中学2年生で37.3%、高校2年生で91.4%であり、高校への進学にあわせ携帯電話の所持率が上がることがわかりました。
 また、「子どもが携帯電話を所持している」と回答した中学2年生の親に、持たせる理由を聞いたところ「外出時の安全」や「子どもとの連絡用」が大多数を占めました。
 また、来年度から、携帯電話を子どもに持たせる時は、親子で携帯電話の危険性、他人を傷つけないなどのマナーを話し合ってもらい、我が家で携帯電話を使う場合のルールを各家庭で決めてくださるよう、県民の皆さんに要請する「静岡県のケータイルール」というパンフレットを作成する作業を現在進めています。
 現在、県教育委員会青少年課では、子どもがインターネットの情報社会で加害者にも被害者にもならないよう親子で考えてもらおうとし、上記のような考えで事業をすすめています。

以上、静岡県教育委員会のメールの内容です。
上の内容の通り携帯の所持率は年々増え続け、ウェブの使用も当たり前の時代になってきました。
ネット犯罪被害を未然に防ぐ、撲滅の為には神奈川県、市と各団体が連携して監視チームを持ち、犯罪被害を未然に防ぐ活動をしていきたいと望んでる次第です。
どうぞ宜しく御願い致します。


スポンサードリンク




皆さん、空手は一人でも十分出来る最高の格闘技。
鍛えれば、肉体が全て武器となり、防壁となる。
現在、日本の子供達はの体力低下は、世界の中でもトップクラス
この先、日本の将来が心配だ。
子供達よ体を鍛え、強い人間になり世の為人の為に、この腐った日本を叩き直せ
空手母国日本を世界に広めよう

K・T質問

Q1:今日は、理事長の考えを昨日に引き続き、お話を聞かせてください。

A:またまた、日教組の話になるけれど、どうしてもか今でも、日教組は、道徳教育は特定の価値観を押し付けると反対をしている。
もう聞くのもウンザリだ。
馬鹿の集まりと言うしかない。
特に年々、青少年の犯罪が携帯を中心に多くの問題を起こしている。
例えば、有名な大学を含む多くの大学での、大麻・覚醒剤等の薬物乱用問題・児童ポルノ・児童買春・乱交パーティ。こいつ等が社会人になる。
中には、教師や、警察官、国家公務員等、、ふざけるな
この現状を作ったのは、学校教育で一番重要な道徳教育がかけているからだ。
また、しっかり認識をしている教育者が居ないからだ。。。
今は昔と違って、もう既に子供達は大人を一切介さなくても携帯電話で有害情報を自由にアクセスが出来るばかりではなく、外部から信じられない位の、多くの子供達を食ってやろうという奴らが子供達が持っている携帯に入ってくる。
こうした現実を知らないのは、大人だけだ。
だからこそ、こいつ等から大切な子供達を守ってやるのは、学校であり地域社会であり、我々武道団体だと思っている。
是非皆様に我々の活動に対して、協力と支援を宜しく御願いします

スポンサードリンク




大勢の居る中で起きた殺人事件、だから目撃者は大勢いるはず。
殺された親は、現在でも必死に探している。
しかし、事件も月日が経つと風化するのも早いけど、犯罪に遭った被害者遺族は一生背負って生きていかなければならない
今回の事件も、毎日のように犯人探しをしている父親の姿を見れば、我々だって少しでも何かやれるのではないか
今はネットの時代、日本中で犯人の顔写真がばら撒かれたら、殺人犯人には大変な圧力になるばかりではなく、もし当時の事件の目撃者が居たら、思い出してやってください。
その事が、殺人犯の逮捕に繋がると思っています。
皆さん是非、協力してやりましょう。

事件の動画

K・T質問

Q1:先日、理事長から我々の運動も段々とやりづらくなったと言われましたが、具体的に何がやりづらくなったか聞きたいのですが、宜しいでしょうか

A:それは5日前に、たまたま運転中に後ろからパトカーが暫くついて来たので「おかしいな」と思ったら、パトカーから止められストップランプが点かないと注意されました。
その時は、自分も若者と一緒に居ましたし、雰囲気が一般人に見えなかったせいか、いきなり車内を見せてくれないかと言われ、「何か危ない物を載せていませんか」と聞かれたので、「ヌンチャクしかない」と言ったところ、警察官から「それは武器に相当するから、軽犯罪法だ」と言われました。
私は、ヌンチャクの使用理由詳しく話した。
私はいつでもそうだが、一歩家から出たらいつでも戦闘モードでいる。
それは、あくまでも人助けで、仮に人が襲われている場面に出くわした時の為である。
私は、「相手が武器を持って襲っている場合にのみ使用する」と、説明をしても警察官からは、その時は110番をして警察官を呼べばいいと言っても、自分は空手を教えている人間なのですよ。
襲われている人を助ける為には、どんな手でも使う。確かに警察官の言っている事は、正論だとわかっているけれども、自分にもプライドはある。
自分の目の前で、何もしないで襲われている被害者が殺されたら、生涯恥を背負って生きていかなければならない・・・
それだったら、死んだ方がましだと思っている。
昔から、皆には「襲われている人が居たら、見て見ぬ振りは絶対にするな
「それが空手をやっている人間の使命だそれが空手をやっている人間の使命だ
と皆に言っている。
私が警察官に何を言われても、この信念だけは曲げないし、自分はこれで生きてきたから、この話しを言い切った。
しかし、警察官は「気持ちは判っていますが、私達は法律で動いているから仕方がない・・・」と言っていた。
それもよく理解はしている。
警察官の人は、何度か本部と電話のやり取りをしていましたが、多分、私の事を聞いた上で理解してくれたのであろう・・・数分後に解放してくれた。
確かに、毎日のように起きている凶悪犯罪・・・
警察官の取り締まりも十二分に判るし、我々の活動にも素手で戦うには限界がある
もし相手が刃物を振り回すような時には、それなりの空手で使用するヌンチャク位は持っていないと、助けられる人も助ける事が出来ない。
しかし、一般的にヌンチャクの使用は、相当空手で訓練している人以外は、使えないのが常識です。
人を殺傷する武器に該当する物とは、私は解釈していないと思っている。

スポンサードリンク




大内先生は、拳心会の中でも素晴らしい先生で、私も尊敬している一人です。
その中でも、以前、仕事中後ろから強盗に襲われ、首をナイフで刺されたが、そのナイフを手で掴み逆に強盗を組み伏せボコボコにしたところ、通行人の通報で警察官に犯人を引き渡した話しは有名で、到着した警察官は現場があまりにも壮絶だったので、犯人の事を被害者と勘違いしてしまった、返り討ちにあったんだと思います。
この事件の一報で私も直ぐに病院に駆けつけた時、丁度警察官の事情聴取があって、それを聞いて驚いた事は、大内先生自身も首に大変な怪我を負って一歩間違えたら死んでもおかしくない位の怪我にもかかわらず、逆に相手を取り押さえる力には正直驚いた
その場に居た警察官も、普通の人だったら殺されていたでしょう、という言葉に今回、命に別状は無く元気だったので安心した。
さすがに、大内先生は強いこれからも拳心会の為に頑張ってください。

K・T質問

Q1:Sさんに質問です。現在Sさんの身体の調子はいかがでしょうか

A:今、昔の病気が再発し、不整脈と発作等が更に酷くなり、S病院の心療内科に毎日通院している日々を送っています。
通院していても、家に戻ってくればこの一件以来、わずかな物音、例えば自転車が外を通ってベルを「リンリン」と鳴らそうもんなら心臓が止まりそうになるくらい「バクバク」してしまい大変な事になってしまいます。
このように毎日ビクビクして生活しているせいか、以前より心臓がかなり弱ってきているみたいです。
夜も布団の中に入って寝ようとしても不安でいっぱいで、あの光景を思い出し、中々寝付くことが出来ません。その日に限って胸が痛くなり、今にも心臓が止まりそうになるのです。
そして救急車を呼んで病院に着くと、どうゆう訳か楽になるのです。今は、3種類の薬を飲んでいるのですが、薬を飲んでいても発作は出ます。
そしてS病院に運ばれて診察を受けるのですが、異常はありません。少しでもあの恐怖を思い出すと、普通にしていても、どこの場所にいても心臓が止まりそうになり、震えが止まらなくなってしまう状態に陥ります。
原因はこの一件の事しか心当たりがありません。今回の事は恐怖を味わった人間じゃないと本当に判りません。
この問題は、青少年育成連合会さんに托し、全てをお任せしました
近日行われる、少年の謝罪を最後に全てを解決して、夫婦共々安心して残りの人生を過ごしたいと思っております。

スポンサードリンク




政治家に対し、児童ポルノ・児童買春を撲滅する為には、無期懲役又は、3年以上の懲役を法律で執行を要求した事に対し、出会い系サイト規制法強化を選んだ政治家の無能さ、結果、児童ポルノ・児童買春のの摘発最多、政治家は結果責任を取れ
少しは、神奈川県知事・大阪知事の行動力を見習え

K・T質問

Q1:昨日の続きですが、今回、役員を招集して話し合うという事ですが、どういった事を話し合うのですか?教えて下さい。

A:まず一つ目に、少年を捕まえる為にどのようにしたらいいのか。
それから捕まえた後、警察に引き渡すか
それとも確保してよく話し合い、本人が更正を望むのだったら、連合会の方で引き取るか
実際、更正が出来るか出来ないかの判断を皆で話し合い、それから少年が我々の考えに素直に聞いてくれるかどうか、それによってどうしても難しいようだったら、警察に連れて行くしかないだろうという事。
まぁそういう話しでやっていこうかなぁと思っている。
それから、Sさんの家に乗り込んでいった時に、自分がタイミングを見て、飛び込み捕まえる。
もし万が一少年が逃げた場合は、外に待ち構えている仲間が捕まえる。
それから先の事は、やってみないとわからない。まぁ多分なにがあっても逃げ切る事は出来ないだろう。まぁそういう話しをしましたね。

Q2:それで、役員の方が集まった時に、Sさんに来てもらい事情を説明してもらったわけですが、聞いてるとやはりSさんもこの作戦には、中々良い返事がなかったんですよねしかし、やらなくてはこの先進まないので、腹をくくってやっていきましょうという事になったみたいですが、この先はどのようにやって行こうと思ったのですか

A:役員の方々に事務所に集まってもらい、たまたま先生の知り合いのマスコミ関係者も同席し、色々Sさんと話し合いをしました。
まず最初に、Sさんに怪我が無いようにする事が一番の最優先事項でした。
私がタイミングを見て飛び掛っていった場合に、その時は必ずもめるし、少年が刃物や何かを持ったとしても、おさえ込む自信はあるのですが、これもまた、実際になってみないとわからないのですが、自分の今までの経験で心配はしなくても良い、そういうもろもろの話しをしながら、解散をした。

Q3:Sさんに質問です。その後、同じ様に8月15日の年金が出るまでの間に、少年からSさんに対しての嫌がらせがあったという事ですが、実際どういう事があったのですか?

A:とにかく、Sさんが家に居ると物音がしたり、いつも来ているんだぞ!という無言の恐怖がありました。
相変わらず時々、玄関をドアを「ガタガタ」と音を立ててみたり、又は裏にまわって何を使っているのか知りませんが、音を出したり、私の気のせいかも知りませんが、何か全てが怖いんですよね・・・
その為に今は、病院に通う毎日が続いています。
そういう通う中でも少年と会うのではないかと、ビクビクしながら通う気持ちが皆さんに理解できないでしょうけど、本当に怖いんです。
病院にまでつけて来たりするのではないかと、今考えるとばかばかしい事ですが、普通の通行人までが少年に見間違いする時が度々ありました。
病院の先生からは、私があまりにも怯えている様子なので、何か怯える訳があるのですかと、聞かれました。
中々事実関係を話す勇気がでませんでした。それは絶えず少年からの無言の圧力だと思っています・・・
もう毎日が身体もおかしくなるし、このままでは、私達夫婦はまるで生き地獄状態になってしまう。
誰でもいいから助けてもらいたいという事しか、考えていませんでした。
今日はちょっと疲れていますので、明日また来ますので宜しいですか・・・次回宜しく御願い致します。

スポンサードリンク




私は、今の司法は信用していない、先日の東京江東区のマンションで殺害された瑠璃香さん(23歳)が殺害され、しかも遺体を解体された事に残虐性がないという事に、私は多くの国民に問いたい
もし、自分の子供が同じ様な被害者の立場になっていたら、この司法の判決に納得しますか私は常識ある人間として納得しないと思う。
この、平出喜一裁判長は殺害に計画性は無く、前科も無い罪を認めて反省しており、死刑は重すぎる。
この裁判長は、被害者遺族のことより、一番楽な過去の判例を持ち出して、量刑判決をしただけの単に無能な奴に過ぎない。
こんな奴はとっとと消えろ
こんな無能な奴に、国民はもっと怒れ
外国だったら、大変な騒ぎだ
もう、こういう裁判官はいらない!これ以上タダ飯を食わせるな
3月18日は磯谷さんの判決が出るが、司法は国民感情を無視するような判決をしないよう、司法は多くの国民が納得するようなしっかりとした判断をしてもらいたい。

K・T質問

Sさん昨夜、遅くまでご質問に答えて頂き有難う御座いました。
昨夜の続きなんですが、ご質問させて頂きます。
どうぞ、宜しく御願いします。

Q1:前回は、少年が家に入って脅しながら家中物色し、腕時計・バッグ・自転車等を持っていったそうですが、、他に何かなかったのですか

A:そういえば、私も頭の中が恐怖でいっぱいで、早く帰ってもらいたいという気持ちだでした。
たまたま少年が私の気に入っていたジャンバー(ブランド物)を見つけタンスから取り出して、「このジャンバーいいやつだな」と言ってきました。
私も、これをあげると言わないと帰ってもらえないと思い、「持って行ってもいいよ」、と話したら、無造作に自転車のカゴに放り込みました。
そして、帰り際に少年が言った言葉です。「こんなはした金や物で終わったと思うなよ!それと早く釣竿を売って金を作れ!俺を16歳のガキだと思うなよ!16歳は捕まっても直ぐ出てこれるんだからな!おまえなんか殺すのはワケねぇ!おぼえておけ!

Q2:この後、Sさんは連合会の事務所に、相談に行きましたよね?それは、この事件が起きてから直ぐですか

:たしか・・・事務所に相談しに行く前に、少年からの嫌がらせが毎日あり、それが凄く怖くてたまらなくて、たまたま私の2階に友人が居たので相談したところ、「それだったら近所に、私の所属する青少年育成連合会の事務所があるから、そこに行って相談すれば」と、聞いて早速、相談しに行ったのが最初だと思います。

Q2:その嫌がらせとは、どんな嫌がらせだったのですか

:私は、毎日が本当に怯えた生活でしたから、外出する時、朝、新聞受けを見るとわかるんです。
いつもは、必ず新聞が玄関のドアの新聞受けに挟んであるのが、玄関の中(家の中)まで押し込まれて落ちていました。
今までそんな事は1度もありませんでした。
それと時々ドアを叩く音・・・もうこういう事が毎日起きていると、その恐怖は何倍にも膨れ上がり、本当に経験しないとわからないと思います。
それにちょっとした関係ない物音がしただけでも、ドキドキしてしまいます。
その為に不眠症にはなる、外出する時もドアの外に少年が立っているのではないかと不安になり、毎回覗き窓を見て確認し、そっとドアを開け外出する毎日です。
こういう気持ちがどれだけ自分の胸を圧迫するのか、本当に胸が裂ける思いです。
何も悪い事をしていないのに、こんな状態が続いたら、自分の身体がいつまでもつか不安に思い、たまたま実家に手伝いに帰っていた家内に相談したところ、家内もすごく驚き「直ぐに警察に相談しに行った方がいいわよ」と言いました。
そして、「それに、そんな状態の時に私は、怖くて家に帰れないから早くなんとかしてよ」と言われれば、もう家内の為にも何とかしなければと思い、もう私の頭はパニック状態でした。

Q3:わかりました、それで連合会の事務所に行ったわけですよね。その時に理事長とお会いして、今までの話しを相談してどうでしたか?

:最初、事務所に入った時に理事長が、会社の仕事をしていました。
「じつは、石塚氏の紹介で困った事があったらここに相談した方がいいと言う事で来たのですけれど、聞いてもらえますか?」と、話しをしてみました。
最初は、この方が石塚氏から聞いていた人かと思う位、気さくな方で、正直とても空手の師範をしているようには見えませんでした。
想像では、怖い人かなと思っていたので、会って話しをするまでは、緊張しましたが、話しを聞いてもらっていたら段々と緊張がなくなり、この方だったら本当にになってくれると素直に思いました。
そして理事長が、「そんな奴、俺が捕まえてぶっ飛ばしてやるよ」と言ってくれましたが、私も先行き考えて、家内もいるし万が一そんな事をして復讐されたら、何をされるかわからないし、私よりも家内が一番心配でしたので、警察にどのように相談したらいいのかどうか、その方が私の方もゆくゆく心配はないと思い、その方向で話しをしました。
理事長は、「そんな心配はしなくていいよ、今まで同じ様な事を数多くやってきて、その後問題が起きたとかは何も聞いていないから、俺に任せた方がいい。」と言ってくれました。
しかし、非常に心強い言葉でも、私も警備の仕事を長年やっている関係上、目には目というやり方には、多少抵抗を持っていましたので、「警察に相談に行く方向で進めていきたい。」という話しをしましたところ、では、そういう方向でいきましょう。
早速、私の役員を呼び、万が一何か起きた時の為に作戦を立てるから、Sさんも来てもらい、一緒に闘いましょうと、そういう話しで終わりました。
今回、連合会の方に来て理事長と話しをし、力強い言葉と、行動力をひしひしと感じ、本当に相談に来て気持ちが楽になりました。
これから私も、強い力を持った人が守ってくれるという事が安心と励みになりましたが、それは、私の立場にならないと判らないと思います。最後に連合会の役員が早急に集まり、私の問題で話し合うという事ですので、この内容は次回に・・・

スポンサードリンク




K・T質問

Q1:Sさんは、長い事警備の仕事をやっていますよねわずか16歳位の子供が相手でも怖かったですか

A:実際、キレた時の16歳の子供だと思っても、恐怖を感じた・・・
それに木刀を持っていたし、その木刀で何かされるのではないかと思ったし、この光景を周りの住宅の人間も沢山見ていましたが、ただ見てみぬ振りだったので、助けてくれないと感じ、私はその場で、ひたすら土下座して謝ることしか出来ませんでした。
後で考えれば、何も悪い事をしていないのに、土下座までする恥ずかしい行為をし、お金までとられるなんて、何故したのか信じられません。それだけのつよい恐怖を味わいました。
しかし、それからが本当の恐怖を味わう事になったわけです。

Q2:その次の恐怖とは何ですか?

:日曜日でTVを見ていた時に、玄関で「ガンガン」叩く音とチャイムの音が連続して鳴ったので、玄関の所に行き覗き穴を見たら、少年が物凄い形相をして、キチガイみたいに騒いでいました。
これは危ないと思い、部屋に隠れていましたが、今度は、少年は裏にまわりベランダ越しに乗り越えてガラス窓を「ガンガン」叩き始め、大きな声を張り上げていました。それを見た時、恐怖のあまり声も出なかった。しかし、これ以上放置しておくとガラス窓が割れると思い、仕方がなく鍵を開けたら土足で乗り込んできました。
もう自分は、殺されるのではないかと思った位の恐怖を感じ、ただひたすらに少年の言う事を聞くしかありませんでした。
少年は、直ぐに金は何処だと私に要求しながら、タンスやあらゆる場所をかきまわし物色し始め、「金!金!金!」と怒鳴りながら、私の大事にしていたバッグや時計を見つけ、「これは貰っておく!」と・・・
それからついには、隠していた財布まで見つかりお金を取られましたが、私も全部持っていかれては生活出来なかったので、「半分でもいいから返して下さい」と頼みました。すると少年は、「そのかわり年金を貰う日に来るから、その日に必ず金をよこせ」と、約束をさせられてしまいました。

Q3:Sさん・・・本当にヒドイ話しですよね・・・
その後は、どうなったのですか?

:もうヒドイ話しで、今度は何を言うのかと思ったら、私の大好きな趣味で集めた釣竿の束を見て、「おまえ、良い物を持っているな!年金が貰える前にこれを売って金にしろ!絶対にわかったか?俺はまた来るからな!それまでに用意出来てなかったら、どうなるかわかってるな!」ここまで言われたら、その通りにするしかないではないですか。誰も助けてくれないのですよ・・・
だから言う事を聞くしかありませんでした。
最後は帰る時に、自分の愛用している自転車まで盗られ、「これに乗って帰るからな!」と言って帰って行きました。
そして、後の話しは次回に続きます。

スポンサードリンク




本部事務所前で出発前に写真撮影しました。9時半には出発します。

皆さんおはよう御座います。久しぶりに本部に来て2年まえを思い出します。すさまじい本部での修行、毎日2時間から3時間の睡眠。

初めはきつかったけれど、あの5年間は自分の人生の中で、長いようで短く青少年育成連合会の精神を徹底的に仕込まれ、若い連中のパワーそれに毎日何が起きるかわからない緊張感。

この緊張感は実際経験してみないと皆さんには理解出来ないと思います。いつも我々の活動は過激の部分が多分にありますから、いろいろな嫌がらせの電話も多いし中には乗り込んでくる人間も多くはありませんが、あの5年間の中でも十数回ありました。

しかし、理事長をはじめどんな場面でも引く事はしなかった。この活動自体が子供達を守らなければならないという立場の中で、体を張っていく信念があります。

だから、どんなことがあっても逃げるなと理事長からはよく言われました。現在理事長の所に一人の少年が一緒に寝泊りしています。少年に聞いてみると、3ヶ月半になるということで、今朝わたしが出発する前に挨拶に来て、少ないお金ですけどもガソリン代にこの5千円を使ってくださいと、自分は断ったけれども一回口に出したら口に戻すなと理事長から言われている。自分の気持ちですから受け取ってくださいと少年が何回も頭を下げたので、ありがたく受け取った。

しかし、その姿勢は、私が聞いていた少年の話とまるっきり違い、こんなに人間って変わるのかと、正直な話、驚いた。彼は以前は喧嘩・恐喝を繰り返していた。誰もが近寄らない、警察にも何回も世話になっている少年かと、しかし彼のそこまで至った道を考えると、しかたがないかと理事長の話を聞き、もう更正させる少年は最後にしたいと、そういう想いでやっていると聞き、私も当初難しい少年だから大丈夫かなと正直な話、思いました。

私はいつも理事長の生き方を、一緒に生活をしながら見てきましたが、以前は沢山の若者達が横田道場から卒業して、色々な道に入って行きましたが、時々その連中もよく事務所に来ていましたが、みんな言葉遣い・礼儀正しく、やはり教育と言うのは大事だなと、今でもつくづく思います。

まだまだ話したいこともありますが、これから地元に帰らなければならないので、いろいろな本部事務所での過去のエピソードがありますが、ひとつ言える事は、犯罪を犯した少年を更正させようと思ったら、その少年に対して命を懸けるくらいの気持ちで関わっていかなければ、本当の更正は出来ないと思っている。

そのためには言葉だけではなく、力関係をしっかり相手に見せておくことが第一条件。それとほんとの優しさを持つこと、その上で怒るときは拳骨の一つ二つはやむをえない。こういうことが一般のカウンセラーや相談員が出来るわけがない。先生は日頃から、そういう少年達を空手を通じて徹底的にしごき、礼儀作法・実際来て見ないと理解出来ないと思う。

一緒に汗をかき一緒に食事をし一緒に寝泊りまた少年達にも俺が本当ににくかったら、寝ている時殺してもいいと、しかし中途半端な事をしたらお前を絶対殺すと。だからやる時を一発で仕留めろと、それを聞いた少年は多分それで腹をくくって理事長を慕って行くのではないかと思っています。

だから余計に更正更正と叫ぶ教育関係者には、腹が立ちます。しかし中には我々も勉強しなければならないこともありますね。両者ともにこれからは協力して子供を守って行きましょう。この辺でもう遅くなりますので、青少年育成連合会を応援してやってください。

スポンサードリンク




今日は久しぶりに北関東支部の川上副理事長が来ました。
それから忙しい所、ブログを作ってもらい感謝いたします。

では、K・Tさん御願いします

Q)今日は理事長最近よく世の中がわからなくなってしまったのですが、この先日本は、どうなるのでしょうか?


A)まず一番に心配なのは、今回、全国運動能力によると小・中男女と体力が大きく低下している。深刻な大問題である。

Q)といっても、国が何の対策もしていないでしょう?

A)国はあまりにも子供社会を知らな過ぎる。今頃、昭和60年から昨年までの23年間で驚くべき体力低下が起きていることが判った。

この馬鹿文科省何のために多くの職員がいるんだ。以前は、全然いじめ自殺は無かった。しかし、ふたを開けてみたらその逆だろう。役立たない文科省は無くしたほうがいい

A)出会い系サイト規制法改定といってもザル法だから、逆にプロフが急増。児童買春・家出サイトの監視が追いつかず、取り締まりしても限界がある。

なんてくだらないことを言わないで、我々が主張している児童買春をしたヤツを罰金無しの三年以上の実刑で行けといっているんだ。

いくら子供達に家庭や学校でしっかり怖さを教えてといっても、買う大人がいれば何にもならない。

だから、以前から青少年育成連合会の方針で行くしかない。国の政治家は毎日なにをやっているのですか?

Q)女子中高生乱暴数十件自供。自分の住んでいる隣の横浜市帰宅途中の中学3年の女子生徒を暴行しようと、後ろからタオルで口をふさぎ(静かにしないと殺すぞ)と脅し、顔を殴り、女子中学生に対して強姦や強制わいせつを数十件繰り返した

中には、小学校2年の児童(7歳)などもいる。こんなヤツ、無期懲役か死刑にしてもいい。こんなごみはこの世からなくなったほうがいいのだ。仮に出てきたら、とどめの掃除をしてやる

A)とにかく、今の世の中、社会のごみが多過ぎる。

都営地下鉄の駅員が女高生を休憩室に連れ込み乱暴とか、少女5-6人を含む10人とワイセツ行為をして、金を巻き上げそして、出会い系サイトで知り合った男達に金を貢がせ、多い時で200-300万円を貢がせたとか、

実の母親が中学生の娘に買春を強要、今に日本も将来こんな母親が当たり前になるんじゃないですか?全く非人道的で言語道断だ。

それに一番許せないのは、権力を持っている警察官の児童買春それもパトカーの中で仕事中とか同じくホテルで児童買春で逮捕された東京高裁判事。

本当におかしなゴミが多過ぎる。

早く皆さんに下らないゴミを片付けましょう

 

 


スポンサードリンク




我々が常に思っている事は、いじめられる側ではなく、いじめる側の方が悪いのは当たり前ではないか
よく教育関係者が何かと理由をつけて、「いじめられる側も原因がある」などと言うが、犯罪者が自分のやった罪を為にする言い訳と同じではないのか
人をいじめた記憶が、将来家庭を持って初めて悪い事をしたと、自分自身を痛めつける事になるよ。
そうならないように、我々は、子供達に活動の中で教えて行きたいと思います。

青少年育成連合会からのメッセージ 
【子供達へ!!】
いじめは、犯罪だ
人の心や体を傷つける事は、絶対にするな
いじめは、どんな理由があってもいじめをする方が、悪いのだから・・・
いじめられたり、いじめを見たら絶対に見てみぬ振りや、泣き寝入りをするな
勇気を持って、お父さんやお母さん、学校の先生や校長先生に通報しなさい
それに、いじめと闘う格闘技団体の青少年育成連合会に相談しなさい
すぐにとんで助けにいくよ
必ず力で守ってあげるよ

【青少年育成連合会から保護者の皆様へ】

もし自分の子供がいじめられていることがわかったら、次のことをして下さい
、いじめの証拠(いつどこで、誰に、どんな事を言われたか、されたか)を詳しく記録してください。

、暴力を受け体に傷をつけられたら、直ぐに病院へ行き診断書を取ってください。

、ノートその他持ち物に落書きや壊されたりしたら、写真を撮っておいてください。

、携帯からの誹謗中傷、それに最近増えている小学生の出会い系サイトの火遊びから児童買春・同級生からの買春の強要、事実を知らないのは保護者や多くの大人達、もはや極端なケースではない。

、被害事実を文章化し、証拠を元に担任・校長それから直接警察に通報、それと外部からの応援、例えば青少年育成連合会等、外部を介入させると尚更大きな力になって支援をしてくれると思っております。

スポンサードリンク


« 前ページ   


スポンサードリンク