青少年育成連合会 | 日本の【未来を夢と希望に満ちた国にする為に日本人の心】に訴えたい
子どもは日本国の宝|私たちは【子どもをいじめと虐待、性犯罪から守る】為にあらゆる方法を講じ解決にあたります




 天皇陛下の76歳の誕生日を祝う一般参賀が23日、皇居で行われた。陛下は今年、即位20年と結婚50年を迎えられ、記帳を含めた参賀者は平成に入り最多だった昨年(2万2655人)を上回る3万560人(皇宮警察調べ)に達した。
23日一番最初の一般参賀に参加し改めて多くの日の丸の渦の中で、天皇陛下のお言葉を聴き、優しく国民に問いかけるお言葉に感激した。やはりテレビで見るのと実際皇居の中でお言葉を受けるのとの違いは天と地ぐらいの差がありました。

 陛下は皇后さまや皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻とともに宮殿のベランダに立ち、笑顔で手を振って祝賀に応えられました。

 ごあいさつでは、「さまざまな困難に直面し、苦労している人々も多いのではないかと案じています」そして「皆さんがくれぐれも体を大切にされ、健やかに新年を迎えられるよう願っています」と話されました。 

まず驚いたのは警察車両の多い事。それと同時に制服警官や公安警察が沢山出て警戒していた。 

続々と一般参賀の民衆の大行列。後ろが全然見えない。今日は天気もいいし、こういう素晴らしい人間の大集団と自然の組み合わせ、感激した

我々は早速一般参賀の大集団にたちまちのうちに混雑、歩くのが困難なくらい人の波に押された。交通整理をしている大勢の警察官や警護の人達のテキパキとした動き、大変ご苦労様です。

天皇陛下のご一家が宮殿「長和殿」のベランダに立ち、集まった人達の祝意に応えられました。もう我々も、感激の頂点に達した。

 

一般参賀を終え靖国神社に参拝。私も靖国神社は昔から何回も来て参拝していますから珍しいことではありませんが、何回来ても靖国神社の中に入ってくると、妙に活力が湧いてくる。

30名近くの隊員と一緒に本殿に参拝。私はいつも靖国神社に来るときは改めて大勢の軍隊や民間人がこの日本の為に戦い、亡くなった。 

参拝が終り、しばらく休憩して無事隊列を組み帰途に入る。本当に私も靖国神社には年6-7回行っているが、事実大勢の軍隊や民間人が日本の為に盾になり、或いは、戦争に参加し亡くなったことは事実である。改めて皆さんにお願いしたいのは、せめて年一回くらいは靖国神社に参拝し、御霊にお祈りをしてやることも、国民の義務として感謝する事も大事なことではないかと思います。彼らの犠牲があって私達が平和に暮らしていられる訳ですから・・・

 

眠り猫さん、いつもいつも素晴らしいご意見やお話を書き込んで戴きありがとうございます。さすが、昔は記者をやっていた方だけに、私達も勉強になります。元々が眠り猫さんは、青少年育成連合会にいた時は活躍した一人ですから、それに理事長から眠り猫さんの事も聴いておりました。これから先もいろいろなコメントがありましたら、書き込みをよろしくお願い申し上げます。連合会広報部長のMIEです。以後よろしくお願いします。

さて、最近、不況による失業を反映して野良猫を捕獲して毛皮を剥ぎ、それをウサギ皮だの何皮だのと偽って毛皮製品にする闇の商売が横行しているそうです。

こうした猫の毛皮取りの多くは餌を持って来て愛護家を装っているため欺かれやすいのですが、車を使っているので見慣れない人や何となく挙動不審で不自然な気配を感じたら声を掛けるようにしてナンバーを必ず控えておきましょう。

毛皮取りは自分の名前や住所は言いたがりません。また彼らが野良猫を連れて行く時は「愛護団体に入っているので避妊・去勢手術を受けさせに行く」などと言いますが、どこの愛護団体とかどこの病院かは言いません。

これから来年の春にかけて猫は冬毛になるため毛皮取りが稼ぐシーズンですから要注意です。外飼いしている人はできるだけ室内飼いに切り換えたほうが無難です。


皆さん、どうぞ気をつけて下さい。

 

現在、鳩山首相の支持33%、不支持41%
鳩山政権発足100日で有識者アンケートより

いずれも、産経新聞より

 



« 何故減らない... 小学生中学生... »