青少年育成連合会 | 日本の未来を【夢と希望に満ちた国】にする為に日本人の心に訴えたい
子どもは日本国の宝|私たちは【子どもをいじめと虐待、性犯罪から守る】為にあらゆる方法を講じ解決にあたります





2008年04月17日 ◎医師宅から押収された銃三重県津市内の医師宅(安保健司容疑者)から押収された拳銃やライフルなど18丁。[三重県警提供]【時事通信社】


猟銃発砲 3人死亡 男は自殺か 大阪・羽曳野の居酒屋 1月12日22時46分配信 毎日新聞

 12日午後8時ごろ、大阪府羽曳野市河原城の居酒屋「い~ちゃん」で「猟銃による発砲があり、3人が撃たれた。犯人の男も倒れた」と110番通報があった。大阪府警によると午後11時現在、発砲した男のほか、男性1人と女性1人の計3人の死亡が確認された。ほかに男性1人が重体の模様。男は店内で発砲した後、自殺を図った可能性があるという。府警は殺人事件として、詳しい状況を調べている。

 府警によると、死亡した3人のうち、発砲した男は50歳ぐらい、男性は20歳代、女性は60~70歳ぐらい。重体とみられる男性は年齢不詳という。


 現場は近鉄南大阪線高鷲駅の南約2キロの閑静な住宅街。近所の主婦(33)は「1人で留守番していた12歳の息子が『バンバンバン』という大きな音を聞いて、怖くなって電話してきた。こんな静かなところで発砲事件があるなんて……」と声を震わせていた。

 近くに住む男性(60)は「ドスン(と)いう鈍い音が3、4回して妻が慌てて外に出たら人が倒れていた。『警察を呼んでくれ』という声がしたので、慌てて110番通報した。でも、銃を持った犯人がいると思い、怖くて逃げられなかった」と当時の生々しい状況を語った。

 現場に駆けつけた男性(55)も「毛布に包まれた人が相次いで運び出されていた。ぐったりとしていて危険な状態だった。店の前には血だまりがあり、怖かった」と語った。



画像はイメージ

わが国では猟銃の所持許可および狩猟は、有害鳥獣の被害が深刻な自治体では緩く、都市部では殆ど認めない傾向にある。

現状として、日本の狩猟人口は年々高齢化し、かつ減少しつつある。1979年に45万人だった狩猟人口は1995年には25万人、2007年時点で16万人程度である。 日本で許可されている銃は約30万丁である。

これは国際的には低い登録率であり、日本同様厳しい銃規制を持つ
狩猟国イギリスでは日本の半分の人口にも関わらず、500万丁の銃が許可されている。 

ちなみに日本国内で狩猟許可されている鳥類29種は次の通り

ゴイサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、クロガモ、エゾライチョウ、ウズラ、ヤマドリ(コシジロヤマドリを除く)、キジ、コジュケイ、バン、ヤマシギ、タシギ、キジバト、ヒヨドリ、ニュウナイスズメ、スズメ、ムクドリ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、カワウ

亡くなった女性は同容疑者の義母田中美子さん(66)近所の住民によると、杉浦容疑者は妻との間で離婚をめぐりトラブルになっていたらしい。
自暴自棄になって死ぬ前に
義母の経営する居酒屋で、義母や店員・客を巻き添えに殺して、自殺するとは。
夫が定年退職してからの離婚待ちしている女房がかなり多いという話は聞いているが、妻ともめたからといって、他の人を巻き込むな

狩猟免許の種類の説明

網・わな猟免許
第一種銃猟免許装薬銃・(+空気銃)
第二種銃猟免許空気銃このように狩猟免許には3種類あります。免許を取得したら狩猟を行いたい場所の都道府県知事に対して、狩猟者登録をしなくてはなりません。


狩猟用途のライフルは
1.獣類の捕獲を職業とする者
2.農業、林業、漁業等事業の被害防止上ライフル銃で獣類を捕獲する必要のある者
3.継続して10年以上、猟銃の所持許可を受けている者

この3項のいずれかに該当しなければ、許可されようです

空気銃又はエアーライフル

空気又は炭酸ガスの力で単体弾を発射します。最近の空気銃の威力・精度共向上には、目を見はる物があり照準さえ正確であれば、50m近い射距離でもカモ類の射獲が可能になって来ている。写真はポンプ式の国産の物ですが、他に、GASボンベを使用する物、スプリングの力でピストンを動かす物、スキュウバーダイビング用のボンベから充填する物、自転車の空気入れと同じようなもので銃のエアータンクに蓄気するタイプ等がある。

散弾銃又はショットガン
火薬の力で散弾(鉛又はスチールの粒の集合体)又はスラッグ弾(大形獣類用の単体弾)を発射する。昔から鉄砲撃ちの銃の代名詞的な銃。



銃身が上下に並んだ、上下二連銃として射撃および狩猟用(画像)と、銃身が横に並んだ、水平二連銃(狩猟専用)がある

銃身は一本だが、銃身の下に筒形の弾倉を持ち、発射時の反動または、発射時の火薬の燃焼ガスの力で、発射済のやっきょうを排出し、新しい装弾を薬室に送り込む構造を持った、自動装填式もある。普通、自動銃と呼ばれ、画像の上と下等がある


スポンサードリンク


     


スポンサードリンク