わたしたち働く人の味方です!

連合静岡の公式HPとは違う、ソフトなお話も満載のスタッフブログです。

ある会議での零細企業の話

2016-12-02 10:54:22 | 事務局スタッフのつぶやき

先日、会議があり、出席させて頂いた。

ある中小企業経営者の話・・・・・

私に向かって「アンタ所は、良いよ。大企業ばかりが集まった労働組合で・・・」

要するに、経営者の方が言いたかったことは。

※雇用が改善された。賃金も上昇傾向にあると言っても、中小企業は、大企業の下請けで、納入価格の引き下げがあっても、ここ数年、納入価格の引き上げは、無い。

※人手不足で、使用人の賃金を引き上げるしかない。でも、大・中企業の皆さんに比べたら、7割程度しか、賃金を支払うことができない。

※先々月も、経理をやっている女の子(女子社員)が、結婚で退職したが、従業員を雇えないので、うちの婆さん(奥様だと思う)に仕事をやってもらっている。

※うちの従業員の苦労で、大中企業の従業員の給料が支払われていることも知って欲しい。

※俺の給料は、婆さんと一緒でも、20万円以下だ・・・とのこと。

もちろん、定年再雇用で、70数歳の職人(ベテラン)もいるが、10万円程度の賃金で、働いてもらっている

帰りがけ

私は「私も定年退職組。私も同じようなもの??」と発言すると、前歯の無い顔で、大笑いをしていました。

 

以上、年金カット法案で、将来の生活設計の見直しを迫られている福山君でした。(零細企業経営者とともに「アベノミクス」を恨みます)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TPPと日本政府

2016-11-11 09:06:32 | 事務局スタッフのつぶやき

日本、アメリカを含む12ケ国の環太平洋パートナーシップ協定(TPP)に強烈に反対を訴えて、離脱を訴えてきた、ドナルド・トランプが大統領選挙に当選した。新大統領となった場合、TPPの承認が、アメリカ議会の承認が困難になった。オバマ大統領は、任期中にTPPの議会承認を目指しているが、審議入りすら難しいのでは、困難と思える。

日本では、TPPを無理やり国会で承認させるため、強行採決に踏み切ったが・・・そして、11月17日に、ドナルド・トランプに面談するらしい。ごますりに・・・

トランプは、アメリカの自由貿易は、製造業の衰退、賃金の伸び悩みの狂因と考えている。(日本も同様だが・・・)

関係国でも、TPP承認の第1号は、日本です。他国では、トランプ同様、農業、林業、農業、そして、製造業の衰退、賃金の低下を予想しているためである。

TPPの発効には、アメリカの承認が不可欠であり、世界の国内総生産の40%を占める巨大な経済圏の実現は、困難と思う。(経済学などまったく知らない、福山君ですが・・・)

 

日本は、どうなるんだろう日本も他国と同様と思えるが、農業や労働者の賃金低下など関係ない自民党・公明党、安倍さんを選んだ国民の責任でもあるが・・・

 

以上、年金の給付金が気になる、貧乏人の福山君でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安部総理 本当にアリガトウ。すべて安倍さんのおかげです。

2016-11-08 14:57:30 | 事務局スタッフのつぶやき

政府の発表では、国民生活は良くなっているとのこと・・・だから、外遊して、お金をばら撒くんですねアフリカ、フィリピン、ロシア等々

でも、国内では、保育園に行けない、予算が無い等々の苦しい方々が・・・(国民の税金をばら撒きあがって・・と思うのは、私だけ)

政府は

国民所得が36兆円増加・・・良かった良かった

就業者数は、110万人増加・・・良かった良かった

有効求人倍率氏は、久々(24年ぶり)に高水準・・良かった良かった

給与は、3年連続で賃上げ・・・良かった良かった

税収は、21兆円増・・・良かった良かった

企業倒産は、久々(25年ぶり)に低水準・・・良かった良かった

 すべて、安倍さん アベノミクスのおかげです。

労働組合の皆さん、国民は、安倍さんに、感謝しなくては

 

 

でも貧乏人の私には、関係も、恩恵もありません・・・

私を含め、国民の実態は・・・

国民所得  物価上昇で12.2兆円  円安効果で6.5兆円

就業者数は、非正規雇用167万人増加  ただし、正規雇用は36万人減少

有効求人は、9000人減少

給与は、実質賃金5年連続で減少

税収は、消費税増税で9兆円増加

      企業倒産は、約2万7000件・・・これは、リーマンショック直後と同じ

 

以上、毎日、毎日、労働者の苦しい、現状を毎日、聞く、福山君でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安部政権で日本は、良くなったの?

2016-11-02 08:58:06 | 事務局スタッフのつぶやき

昨日、ある企業の社長さん(自民党応援団)にお会いすると、そこには、10年前から知っている「労働・経済学」の先生が・・・(先生は、1月に経営団体の講演の打ち合わせとか・・・)(経営者の方は、民進党は、嫌いだが、個人的には、あんたが押す、候補者が好き)

私の顔を見ると「時々、貴方のブログを拝見させていただいています。でも、憎き安倍政権」だけであり、何故かとの具体的説明が無い」とのこと。

先生曰く、

①    ダメな、民主党政権下でも、GDP成長率は、3年間で1.7%のプラス。対して安倍政権の3年間では、0.6%しか成長していない。これで、アベノミクスと言えるのか?

②    労働組合で関心の深い、実質賃金は、民主党政権下の3年間で、05%増安倍政権の3年間では、4.6%減とのこと。この数字は、リーマンショックの時より、酷い数字・・とのこと。

また、アベノミクスの影響で、大都市圏では、実質賃金はプラスだが、地方の大半は、実質賃金は落ち込み5%以上の落ち込みとのこと・・・

最後に先生は

①    GDP成長率や実質賃金上昇は、最悪だった民主党時代よりも悪い

②    大企業では、利益が上がっても実質賃金は、上がっていない

③    都市と地方、大企業と中小の格差は拡大している

とのこと。

以上、安倍政権下の「年金減額法案」に反対する福山君でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TPPと参加国の今・・・

2016-11-01 14:32:05 | 事務局スタッフのつぶやき

「東京オリンピック」までは総理を続けたいとの強い思いのある安倍総理は、環太平洋経済連携協定(TPP)の関連法案をなんとかまとめたいらしい・・・

しかし、2012年総選挙の自民党のポスターを知っていますか?

「日本を耕す」「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない。」今とは、逆の考え方のポスター・・・

安部さんの考え方は「米国に追従することで自らの地位を守ること」がある。しかし、米国大統領選挙では、お二人ともTPPには反対の様ですが(クリントンが大統領になれば別の様ですが・・)

でも、安倍総理は、退陣するオバマ大統領のためにも何とか日本で早期に成立させたい一心のようである。しかし、日本以外の参加国は、一国として法案を可決していないのである。それは、このTPPには、様々な懸念があり、参加国国民が慎重にならざるを得ない。

日本でのTPPの問題は、

①    不安の声を押さえつけ、議論すべき事項は残されたままに・・・

②    数の力で押さえつければよいとの方針

要するに、盲目的に対米従属の呪縛から解放されない限りも問題は、永遠に解決しないのである。

以上、TPPよりも年金額減額を試みる安倍政権を恨む福山君でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加