RemのDigitalCaravan

PCにスマートフォン カメラ Cafe アロマ 旅行…
デジタル世界のカオスなキャラバン

ハイブリッドイヤホン DUNU DN-1000を買った

2016-10-15 18:29:08 | その他のデジモノ
ウォークマンA30シリーズが発表されました。
現在使っているA867が購入から5年を迎えようとしており
イヤホンジャックの接触がだんだん怪しくなってきた頃なので、そろそろ買い替えたいところ。
A30シリーズはA860シリーズと同じくタッチパネルを採用しているので、買い替えにぴったりです。
サイズを比較してみると



という具合で、フットプリントはあまり変わらず厚みだけ増す感じですね。
早く発売されないかなぁと待っていたら……



9月初旬にHA-FX700の方が先に逝きました。


調子が悪かったのはA867じゃなくて、イヤホンの方かよ!(笑)
2.5万円出して6年もったので、まあ元は取れたでしょう。




さて、次のイヤホンをどうしましょう?
喫茶店での作業時の耳栓用にZero AudioのZH-BX700 Carbo Doppioをサブとして使っているので、
使えるイヤホン自体がまったくないわけではありません。
ただこのイヤホンはかなりあっさりめの音なので、ちと面白くない。
できればHA-FX700みたいに特徴的な音を出すものが欲しいなと思い、
ひさしぶりにイヤホンの情報を集めることにしました。


まずは今まで使っていたVictorのWoodcornシリーズ。
FX500の発売から早8年、今ではFX1100、FX850、FX750、FX650とラインナップも広がり、
ますます勢いを見せているこのシリーズが、当然一番の買い替え候補になります。
FX700と同ランクなのがFX750で、MMCX端子でリケーブル対応なひとつランク上のFX850あたりが狙い目か、
そう思い試聴してみると……あれ、なんだかFX700に比べると低音がかなり強くなって、ブーミーな音に聞こえます。
FX700も低音が強めに出るドンシャリタイプでしたが、それ以上に強くて抜けの悪い音になってるような。
これはちょっと好みに合わないなということになり、他のイヤホンを探すことになりました。

ちなみに今月にはFW01、FW02、FW03という新商品も控えていますが、
今回のイヤホン選びのタイミングには間に合ってなかったので除外。





今回イヤホンを買い替えるにあたって求めることは
・予算はFX700と同程度
  確か24000円で買ったので、2~3万円のものをターゲットとする

・SHURE掛け専用デザインはパス
  装着にひと手間かかるのと、耳裏に当たる感じが苦手なので。

・ダイナミック型またはハイブリッド型
  Carbo DoppioがあるのでBA型を選ぶ意味は薄い。
  Doppioは低音が出ないので、低音がそれなりに出るものがいい。

・なるべくハウジングのデザインがシンプルなもの
  音響効果を考えてかどうも最近はハウジング部が巨大化傾向にあるが、そういうものは除外したい

・リケーブル対応
 断線しても大丈夫。
 でもほとんどが3万円以上になっちゃうので、これは優先順位低め

という具合でしょうか。
こんなことを頭に入れながら、量販店で色んなイヤホンをとっかえひっかえしてみました。



ONKYO E700M(ダイナミック)
 1万円台前半で評判のよいイヤホン。
 音はよかったけど、ケーブルのデザインが気に入らない。
 アキバのラジオデパートに売ってるクリスタルイヤホンのケーブルみたい。

RHA MA750(ダイナミック)
 ステンレス削りだしのハウジングが美しい、イギリスメーカーのモデル。
 広がりとか適度な低音の量とか、音の傾向は割と好みだった。
 しかしSHURE掛け専用デザインなんだよなぁ、これがどうにも苦手。

BeoPlay H3 MKⅡ(ダイナミック)
 割といい感じだった……が、音場の狭さが気に入らなかったのと、遮音性がちと低すぎる気がしてパス

CHORD&MAJOR CLASSIC(ダイナミック)
 木製のハウジングがFX700と似ているので試聴してみた。
 しかしクリア感のない籠もった音だったのでパス。
 独特の外観は好みなだけに、ちょっと残念。

SONY XBA-A3/XBA-A2(ハイブリッド)
 ハイブリッド式に慣れてないからかなんとなく聴いてて違和感覚える感じ。



とまあ色々試聴してみて、なにを買おうものやらいまいちよくわからなくなり、いったん帰宅。
そしてネットで情報を収集していると、DUNU-TOPSOUND DN-1000というイヤホンを見つけました。
これは台湾のオーディオメーカーであるTopSoundElectronics社のもので、
バランスドアーマチュア型ドライバ2基+ダイナミック型ドライバ1基構成のハイブリッド型イヤホンです。
中高音に秀でたBA型に低音に分のあるダイナミック型をミックスしたいいとこどりのハイブリッド型なら、
特徴的な音を奏でたFX700のあとに使うにふさわしいのではないか。
そう思い、次の日に試聴してみると、煌びやかな中高音とタイトな低音がばっちり好みにハマり、
即日お買い上げとなったのでした。




ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 駒ヶ根に行ってきた その5 ... | TOP | DUNU DN-1000 ミニレビュー »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。